閃光 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.54
  • (32)
  • (95)
  • (90)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 546
レビュー : 86
  • Amazon.co.jp ・本 (612ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043759026

作品紹介・あらすじ

玉川上水で男性の扼殺体が発見された。捜査陣に名乗りを上げた老刑事・滝口と相棒に選ばれた巡査部長の片桐。滝口はこの殺人事件に三十年以上前に起きた"三億円事件"との接点を見いだす。その頃、殺された男と三億円事件当時仲間だった連中がにわかに再会を果たしていた。昭和最大のミステリーに、緊密な文体と重層的なプロットで迫る!『19歳一家四人惨殺犯の告白』で読者を震撼させた著者がものした、犯罪小説の白眉。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先ずは・・・
    表紙がコワイ。


    真相はこうなんだ   

    と思わず鵜呑みにしちゃうくらいの仮説話でした。
    途中中だるみしたものの。。。長い長い・・・

    ひとつだけハッキリ思うことは、警察の隠蔽は実際のところたくさんあるのだろうな~と。

    三億円事件に限らずの話でしょうね。

    でも本当の真相を知りたい。

  • 「昭和事件史最大のミステリー」と言われている三億円事件をモチーフに書かれたフィクションのミステリー小説です。

    三億円事件については殆ど何も知らなかったのですが、ちょっと事件についての知識が欲しくて書店に出向いたところこの表紙を見かけ、ジャケ買いしました。(笑)

    多くの登場人物が、常に頭に血を上らせている、はらわたが煮えくり返っている、そんな印象を受けました。
    三億円事件犯行グループと、三十四年前に三億円事件捜査本部に配属されていた間もなく定年ベテラン窓際刑事とその相棒の血の気の多い若手刑事、犯行グループを一人また一人と殺害していく謎の連続殺人犯、皆がとにかくわき目も振らず「一点見つめ」で突っ走っている。
    そのバカさ加減に、体を流れる血が熱くなってくる感覚を覚えます。

    読み進めていくにつれて、息もつかせぬ展開に、最後まで興味深く読むことが出来ました。

    後書きの解説まで読ませていただいて、犠牲者の無かった、「キレイな事件」とも言われている三億円事件ですが、この小説を読んで「そんな訳が無い」とも思えるほどの驚愕の内容でした。

    1968年あたりは、きっと日本の所々が混沌としていたのでしょう。
    昭和が、アツイっす!!!

  • 昭和最大のミステリー、三億円事件をモチーフにしたサスペンス。
    600ページある作品だが、厚みさえ気にならないくらい、一気に読ませる。
    登場人物に多少くせがあるが、先を読ませない展開と、実際にあった事件に絡ませた巧妙なストーリーに、唖然とさせられた。面白い!

    • ノリさん
      はじめまして。mixiのミステリーコミュからきました“のり”です。「閃光」気になっていたので面白いと聞いて迷いはなくなりました!
      これから...
      はじめまして。mixiのミステリーコミュからきました“のり”です。「閃光」気になっていたので面白いと聞いて迷いはなくなりました!
      これからもよろしくお願いします♪
      2010/07/10
  • 玉川上水で男性の扼殺体が発見された。捜査陣に名乗りを上げた老刑事・滝口と相棒に選ばれた巡査部長の片桐。滝口はこの殺人事件に三十年以上前に起きた“三億円事件”との接点を見いだす。その頃、殺された男と三億円事件当時仲間だった連中がにわかに再会を果たしていた。昭和最大のミステリーに、緊密な文体と重層的なプロットで迫る!

  • 三億円事件の犯人は警察官の子弟ら。隠ぺいのため、事件は未解決のまま。

  • 面白かったけど、登場人物が多かった。歴史ミステリー小説で比べると、下山事件 暗殺者たちの夏の方が引き込まれたなー。

  • 110930

  • 三億円事件をモチーフにした警察内部の暗闘を描いた小説です。定年寸前の刑事が、ある他殺体の名前を聞いて突如覚醒した。眠っていた事件が三十数年を経過し蠢き始めたのでありました。

    重厚なかみごたえ満点の刑事ドラマでした。かなり読むのに時間掛かりましたが、停滞する事なく引き込まれました。一つの事件が様々な人々の人生を一変させてしまうんですね。やはり犯罪は本の中だけが良いですね。

  • 3億円事件の真相と被害者

  • スッキリしない……。

全86件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1960年、鹿児島県に生まれる。國學院大学卒業。週刊誌記者を経て、1991年に、フリーランスのノンフィクション・ライターとなる。2000年、『サイレント・ボーダー』(文藝春秋)で作家デビュー。以降、警察小説、サスペンスとノンフィクションそれぞれで活動。『19歳 一家四人惨殺犯の告白』『閃光』『刑事の骨』『彷徨う刑事』『カミカゼ』『三日間の相棒』『狙撃』『12月の向日葵』『悔いてのち』『総理に告ぐ』などがある。

閃光 (角川文庫)のその他の作品

閃光 (角川文庫) Kindle版 閃光 (角川文庫) 永瀬隼介
閃光 単行本 閃光 永瀬隼介

永瀬隼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
東野 圭吾
高野 和明
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

閃光 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする