クレイジーボーイズ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.57
  • (6)
  • (15)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 176
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043765096

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 父が何者かに殺された。サンフランシスコの海岸で無惨な姿で発見されたのだ。父は、水素自動車を普及させるための画期的な燃料タンクを開発し、その特許の帰属を巡って、かつて勤務していた日本の企業と法廷で争っていた。特許権が父に帰属すると認定されれば、継承者の哲治には莫大な金が転がり込む。悲しみを振り払い、哲治は真相解明に乗り出してゆく。だが、事件の背景には日米を股にかけた巨大な黒い影が蠢いていた。

  • 面白かった!
    ハードボイルド&サスペンス作品

    本作は、基本的にはミステリーではないですが、叙述トリックに「あっ!!」と驚いて、それまで、ちょっと引っかかっていたところが、すっきりしたので、自分の中ではミステリーに分類。

    ストーリーとしては、青色発光ダイオードの特許訴訟を思わせる水素自動車関連の特許訴訟。特許権が発明者か会社かという判決に渦巻く黒い影。その謀略の結果、発明者が殺されてしまい、その息子が真相解明にのりだし、犯人を突き止めていくといったストーリ展開です。

    楡さんらしく、特許訴訟、水素自動車関連の経済的影響、背景がしっかり語られるとともに、日本の裁判制度やマスコミ、メディアの考え方なども語られていて、納得のいくところも多かったです。

    途中、グロいシーンがあります。ちょっと読んでてつらいです。後半では、犯人をどう追い詰め、どう復習を果たすのかハラハラドキドキで、あっという間に読みきってしまいました。
    とはいうものの、この息子、
    そんなに頭良かったの?とか、
    なぜ武器の取り扱いにそんなに詳しいの?とか、
    SATの動きや装備にそんなに詳しいの?とかとか、
    違和感ありましたが、まぁ、それはそれとして、最後の告白への布石と割り切ってしまえば、それでいいかなっと。

    すごく面白いエンターテイメント小説でした。
    2時間ドラマでやってほしい!
    あ、殺害シーンは放映できないか..

  • 国際某略復讐小説。水素自動車の燃料タンク開発を巡り、国際的な某略の渦に巻き込まるは、惨殺された父親の復讐を息子が果たす。

    圧倒的なスケール感とアイディア、思い切りの良さは、さすが楡周平。

  • 父が何者かに殺された。サンフランシスコの海岸で無惨な姿で発見されたのだ。父は、水素自動車を普及させるための画期的な燃料タンクを開発し、その特許の帰属を巡って、かつて勤務していた日本の企業と法廷で争っていた。特許権が父に帰属すると認定されれば、継承者の哲治には莫大な金が転がり込む。悲しみを振り払い、哲治は真相解明に乗り出してゆく。だが、事件の背景には日米を股にかけた巨大な黒い影が蠢いていた。

  • 日米をまたにかけたスケールの大きさの割にはあまりにも思い通りのストーリー展開。分厚さの割には、これといったどんでんもなく、凪いだ湖のまんま淡々と終わってしまったのが一番の驚きであった。一番印象的だったのはカリフォルニアの青く広がる澄んだ空と突き抜けるように明るい空気。完全な肩すかし。

  • 前後半で唐突に展開が変わった感もあるが、良作。

  • 後半の躍動感が凄い。
    少年犯罪や巨大な利権がらみなど、ぽい小説です。

  • 楡作品はほぼ全て読んでいるが、この作品は普通レベル。

  • 楡作品の文庫最新刊!
    楡さんの本はやっぱ読んじゃいます。

    今回はハードボイルド×ビジネスが
    よい具合にmixされた作品になっています。

    水素自動車を普及させるための燃料タンクを発明したお父さんが
    何者かに殺害された。息子の主人公は、真相解明に乗り出すのだが。。
    特許権をめぐる法廷闘争あり、影でうごめく団体あり、
    お父さんのとんでもない性癖ありーので、結構お腹イッパイ。

    グリーンビジネス・特許問題・環境保護団体・オイルメジャー・ゲイ…、
    この本1冊を読めは、様々な関係者の世界を垣間見ることができます。
    ★×4.5個!!

  • -

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

楡 周平(にれ しゅうへい)
1957年生まれの作家。慶應義塾大学大学院修了。綿密な取材と圧倒的なスケールの作品で読者を魅了し続けている。米国企業在職中の1996年に発表した初の国際謀略小説『Cの福音』がベストセラーに。翌年から作家業に専念し、同作は「朝倉恭介」という人気シリーズになった。
主な著書にドラマ化された『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京』(「有川崇」シリーズ)に『プラチナタウン』(「山崎鉄郎」シリーズ)、『再生巨流』、『ドッグファイト』、『和僑』、『レイク・クローバー』など。

クレイジーボーイズ (角川文庫)のその他の作品

楡周平の作品

クレイジーボーイズ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする