女子大生会計士の事件簿 DX.1 ベンチャーの王子様 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.29
  • (91)
  • (146)
  • (478)
  • (57)
  • (20)
本棚登録 : 1736
感想 : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043767014

作品紹介・あらすじ

キュートな女子大生会計士・萌実と新米会計士補・柿本が監査の先々で出くわす奇妙な〈事件〉。粉飾会計、会社乗っ取り、クーポン詐欺など、バラエティ豊かな謎を解きながら、会計の知識も身につく!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 会計について知ったような気分になれる。

  • 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 』(光文社新書)で一躍有名になった自身も異色の経歴をもつ公認会計士:山田真哉氏による小説・シリーズ本。

    公認会計士の資格をもつ現役女子大生:藤原萌実と新米会計士補の柿本一麻は、同じ監査法人に所属する先輩後輩の凸凹コンビ。監査先で出くわす様々な監査・会計にまつわる事件や問題を解決していく。

    短編から構成されるシリーズ本で、会計のからくりを分かりやすく解説しており、あまり身近に接することが少ない公認会計士という仕事についても分かりやすく理解できるようになっている。

    中高生、大学生などにお勧めのシリーズ。

  • 正直、ストーリーや文章の見どころはない。
    しかし、会計に親しみたい人には向いていると思う。
    簿記や会計の勉強をすると正しい手続きが覚えられる。
    一方この本では、会計制度や知識を悪用するとどうなるか、どう悪用するかを見ることができる。
    裏金の作り方、簿外入金、架空出金はわかりやすかった。

    巻末には会計用語集もあり、脚注での説明もあるので、会計知識のない人でも読むことができる。
    私もちょうど会計知識を必要としているところなので、続編を読みながら楽しんで勉強しようと思う。

  • 公認会計士ってどんな仕事をしてるの?お金に関する仕事だよね?くらいの薄っすらとした事しか知らなかった。いろんな場所に出向いて、企業にアドバイスして。こんな仕事もあるをだな。事務に部署移動する事もあるから読んでおいてよかった。続きも読んでみたい。

  • 山田真哉さんの著書。
    新米会計士の主人公柿本一麻と上司である女子大生会計士の藤原萌実の2人が様々な事情をもつ会社の監査の中で起こる事件を解決していく物語の第一巻。

    構成はショートストーリーが7つプラス後日談となっており、全体的にコミカルな感じに物語が進んでいく。

    推理小説の類いかと思いきや、そのトリックは会計の知識がないとまずわからないので、推理を楽しむというよりキャラクターたちの会話や物語を楽しむ作品となっている。

    専門用語が頻出するので、たびたび理解できないことがあるが、途中注釈が丁寧につけられているのでまったく知識がなくても置いて行かれることはないと思う。

    ただ、何も考えずにただ読むだけで楽しめるかといわれるとそうではないので、ある程度落ち着いて読める状態での読書をおすすめする。

    本書では主人公柿本一麻の初仕事から1年間の出来事がストーリーになっている。

  • 主人公が女子大生でストーリー性がありとっても読みやすいです
    会計のことはよくわかりませんが、会社の監査とはこんな風なことをしているんだと勉強になります。監査は悪事を追及するというかは、単に事実を見つけることだということ。でも時にスリリングです

  • 女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様 (角川文庫)

  • このシリーズの存在は知っていましたが、短編集なのに会計ネタをきっちり入れたストーリーだてで、感心しました。シャーロック・ホームズのスタイル(カッキーがワトソンのような語り部、記録係り)なのですね。,思えば、数年前の「監査法人」も萌ちゃんのシリアス版と考えれば、本シリーズの先見性が分かります。,萌え+ビジネスor学術本のパイオニア的な存在と言えなくもないですね。

  • 大学生の時以来に久しぶりに読んだけど、やっぱり読みやすい会計の小説でした!

    かぐや姫(家具屋の姫)のネーミングセンスが良いなって感心しましたw

  • 小説として読むと違和感が残るが、会計士が会計のことをとっつきやすく解説したお話としては興味深く読了。

    勤務していた事業所で(少人数のため)否応なく会計を担当し、意味も分からないまま会計ソフトで処理してきた程度の経験しかない私には、大きな組織での会計処理はよくわからない部分が多かった。
    会計事務所の方や税務署などと付き合う中で、少しずつ知る「会計」のノウハウは、素人には簡単に理解できるというものではないことが分かったので、今は会計事務所に委託し、以降「餅は餅屋」が持論となった。

全242件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年生まれ、公認会計士。現在、インブルームLLC代表。著書に『女子大生会計士の事件簿』シリーズ、140万部を超えるメガヒットとなった『さおだけ屋はなぜ潰れない』

「2018年 『マンガ日本と世界の経済入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田真哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
宮部 みゆき
綿矢 りさ
米澤 穂信
アレックス・ロビ...
有効な右矢印 無効な右矢印

女子大生会計士の事件簿 DX.1 ベンチャーの王子様 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×