女子大生会計士の事件簿〈DX.4〉企業買収ラプソディー (角川文庫)

  • 705人登録
  • 3.52評価
    • (57)
    • (55)
    • (187)
    • (8)
    • (0)
  • 65レビュー
著者 : 山田真哉
制作 : 久織 ちまき 
  • 角川書店 (2006年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043767045

女子大生会計士の事件簿〈DX.4〉企業買収ラプソディー (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 会計について知ったような気分になれる。

  • 企業買収の回が1番面白かった。

  • 「監査ファイル1〈逆さまバレンタイン〉事件」は、駄菓子屋を再生させるというストーリーに絡めて、問屋とメーカー、小売り店の関係を扱っています。「監査ファイル2〈渋滞とハイスクールララバイ〉事件」は、棚卸に、「監査ファイル3〈それいけ! 萌ちゃん〉事件」は町工場に、「監査ファイル6〈幸せなブラックリスト〉事件」は、自己破産に、そして表題作の「〈企業買収ラプソディ〉」前・後編は、タイトルの示す通り企業買収に、それぞれスポット・ライトを当てています。

    最後の「監査ファイル7〈萌さんとメリー・クリスマス!〉事件」は、会計とはほとんど関係のない話で、合コンで連敗が続いている萌さんの敗因とその対策を、カッキーたちが考えるというストーリーです。

    今回は、会計監査とあまり関係のない話が多かったのですが、単純にライトノベルとして読んでいる読者としては、ヴァラエティに富んだ内容と、萌さんとカッキーが急接近する展開など、楽しんで読むことができました。ただ贅沢を言えば、各章のヴォリュームをもうちょっと増やしてていねいに書いてほしいように思います。

    巻末には、ファイナンシャル・プランナー、証券アナリスト、中小企業診断士の資格について解説している「読者からの質問コーナー スペシャル」と、会計に関する初心者向けの本を紹介した「初心者のための〈会計本〉ガイド」が収録されています。せっかく本シリーズに手を出したことだし、少し会計の勉強をしてみようかなと、殊勝なことを考えてしまいました。

  •  何でだろう…、今回はあんまり、おもしろい! と思って読み込めなかった…。
     シチュエーションとかがあんま好きな感じじゃなかったんだろうか…。

  • 軽く読める会計小説。むかーし読んだ本だったことに読み始めてすぐ気が付きましたが、内容は忘れてたので読みました。小説自体はたいして中身は無いです。

  • 前巻の勢いそがれという感じ
    今作では日常に近い形の事件が多かった印象

  • 週末起業

  • ゆるい経済小説。
    公認会計士という職業、簿記や会計の世界やどんなものかなんとなく掴めた。
    奥が深くて面白い世界で、興味を持った。

  •  今回はっあまり会計は関係ないかも…という感じでした。

     浪費癖を治すために、ブラックリストにのるようなアドバイスを行うのはどうなんだろうね?

     友人としてのアドバイスなんだからOKではあるけど、浪費癖ってそんな簡単なものじゃないと思う。


     それにしても、カッキーが昔の女にやたらと悪く言われてたな。

  • 今回は
    あれ、会計の話以外の事が
    多かったな~
    そして、そろそろ夏の足音が
    聞こえだしたかなぁ~という季節に
    クリスマスの話が。。
    う~ん確かクリスマスの話って
    前にもあったよねぇ~
    という感じでした。

    企業買収の話
    自己破産の話
    に関しては勉強になりました。

全65件中 1 - 10件を表示

女子大生会計士の事件簿〈DX.4〉企業買収ラプソディー (角川文庫)のその他の作品

山田真哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
石田 衣良
東野 圭吾
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

女子大生会計士の事件簿〈DX.4〉企業買収ラプソディー (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする