とくさ (角川ホラー文庫)

著者 : 福島サトル
制作 : 方緒 良 
  • 角川書店 (2004年11月10日発売)
2.79
  • (0)
  • (2)
  • (13)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043772018

とくさ (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めましての作家さん。
    ホラーといえば、ホラーなんだろうけど
    抜け出せない悪夢を続けて見てるみたいな
    そういう意味では怖いんだろうけど
    ものすごくわかり難い。
    後から説明はあるけど、その過程にする意味がわからん。
    何かをにおわせたいんだろうけど、そこがずれている。
    文章も合わなかった。入り込めない。
    目的というか、執念というか・・・
    それでいて姑息で、なんというかやはり合わない。

  • 「エキゾチックジャパン」
    異国の香りがするホラー小説。
    見たことない怖さといってもいいかな。
    日本の恐怖ではない感じ。
    死者を呼び返すことは、罪ですか。

  • 「ナイヤガラ」「掌」「犬ヲ埋メル」「とくさ」の四編収録のホラー短篇集。なんか最近(?)のホラー小説って「怖い」というか「不思議、不気味」どまりのが多くて、ホラー読む気で構えてると物足りない。

    おもしろかったのは「掌」。唯一わかりやすかったw
    最後の墓地さん二編は精神世界に突入しちゃってて楽しめなかった。

  • 短篇集だが、すべての話が難解。細切れで読んでたのも悪いとは思うが、全然話の流れが頭に入ってこなかった。向いてないらしい。

  • たまにホラー系小説って読みたくなるんです。
    今回、衝動読みした「とくさ」。
    4編の短編から成るのですが、受けた印象はどれも幻想小説に近いイメージ。

    あまりこの種の小説は読まないせいか、ちょっと苦手です。
    いくつか過去に読んだものも、この「とくさ」もそうですが、様々な幻想的、もしくは超自然的な事が起きる明確な解明がされない、もしくは説明されないで終わってしまう。これがシックリこない。何となく「ホラーだから・・・」で終わってしまいそうで。確かに、伝奇や地方の風習などをもっと知っていれば認識度も変わってくるとは思うので、読み手が側の勉強不足ということもあるのでしょうが・・・

    KEY WORD>>とくさ(著:福島さとる)
    "ナイヤガラ"、"掌"、"犬ヲ埋メル"、"とくさ"の4編から成る短編集。スプラッター的な要素はなくどれも現実に潜む闇、幻想の静かな恐怖を描いた作品。個人的には、「生れた時から左手を決して開かない女の子と、幼い頃の記憶をなくした主人公が織り成す」"掌"がお勧め。

  • ホラー小説大賞短編賞佳作作品。
    ホラーというより幻想。イメージが鮮烈な作品。得体の知れないものがわんさか湧いてくる雰囲気で、わけもなく不気味さを感じさせられた作品。古めかしい文体、てのはたしかにそうだけれど、読みにくいという印象はあまりなかったかなあ。

  • 日本ホラー小説大賞短編賞佳作。話自体は現代が舞台となっていますが、怪談のような味わいです。不思議で奇妙。

  • 第11回日本ホラー小説大賞短編賞佳作。
    中短編4本構成。
    基本的に怖がりなのであまりホラーは読まないけれど、たまにふと急に読みたくなるときがある。角川のシリーズなら中井拓志が好きなのだが、あまり筆の早い人ではないらしく、滅多に出ない。
    で、この本なんですが…やや気持ち悪い系のホラーで現実崩壊パターンなのが肌に合わなかった。まあ後味悪いホラーのが多いんだけども。

全8件中 1 - 8件を表示

福島サトルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
五十嵐 貴久
有効な右矢印 無効な右矢印

とくさ (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする