昭和 こころうた (角川ソフィア文庫)

著者 :
制作 : 佐高 信 
  • 角川学芸出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043775088

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • かの課長活かすすべなきか活かすべき力はわれに乏しかりしか
     田島定爾

     評論家・ノンフィクション作家の佐高信は、鋭く辛口な批評で知られている。企業社会の問題点をあぶりだし、経営者のあり方にも言及。近年は、多彩な人脈を活かしたトークセッションが話題となっている。
     読書の幅も広く、「乱読の貪読」という若き日を送ったそうだ。著書には「男のうた」「人生のうた」など、現代短歌にふれたエッセーもある。
    「昭和こころうた」は、政治家や財界人はじめ、ミュージシャン、農民詩人らを話題に、詩歌や俳句について筆を走らせたエッセー集。現実社会に即した作品解釈が持ち味である。
     たとえば掲出歌は、中堅企業の社長の歌。80人ほどの従業員全員を見渡せる規模ゆえ、各人の能力を最大限活かす環境を目指すが、ままならず、腐心する姿だ。

      酒つぎて我を離れぬ庶務課長今宵 宴に何を言ひたき
     
      環境に非ずすべては社長なるわが責任と言ふ社員あり

     経済動向に左右されがちな中堅企業のトップは、かじ取りが難しいこともある。「わが責任」の語が、重い。
     これらの歌を引用する前に、佐高信は、吉野弘の「夕焼け」という詩を話題にしている。とくにこの一節にふれながら。

      やさしい心の持主は
      いつでもどこでも
      われにもあらず受難者となる。

     やさしい心の持ち主の経営学を、詩歌に学ぶこともできそうだ。

    (2012年11月18日掲載)

  • ウジウジして陰気臭いやつはダメだというのだが、これは自分は努力して後天的に性格を変えた田中角栄の言葉。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

佐高 信:1945年山形県生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。評論家。高校教師、経済誌編集長を経て執筆活動に入る。著書に『総理大臣菅義偉の大罪』『田中角栄伝説』『石原莞爾 その虚飾』『池田大作と宮本顕治』、共著に『安倍「壊憲」を撃つ』『自民党という病』など多数。


「2021年 『官僚と国家 菅義偉「暗黒政権」の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐高信の作品

昭和 こころうた (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×