人生を救え! (角川文庫)

制作 : 石川絢士(the GARDEN) 
  • KADOKAWA
3.37
  • (27)
  • (52)
  • (135)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 521
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043777020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 町田康に、相談したい。

  • 読めばちょっとした悩みなんてどうでもよくなる人生相談本。
    巻末の散歩対談も面白いです。

  • <font color="999999">○ひとに海釣りというのを習ったことがある。ところが、この、釣る、という行為は、習ってみて初めて分かったが、まことにもって卑怯な行為で、まず、竿の先に魚類に気取られぬように透明な糸をつける。卑怯である。その卑怯な糸の先に針をつけ、針に魚類が好む御馳走をつける。つまり、魚が、うわあ、おいしそうな御馳走や、食べよ食べよ、と、これを食べた場合、鋭利な刃物が顎や頬に刺さり、もがけばもがくほど食い込むという字義通りに欺瞞的な仕掛けがしてあるのである。自分は教えられるが儘に、やあ、などと浅ましいかけ声をあげ、海に向かいて竿を振った。錘はずんずん海に沈んでいったが、わずかな銭を払えば近所で新鮮な魚がいくらでも手に入るのに、なにを好きこのんで自分はかかる無慈悲な殺生をしているのだ、という思いが慕って心も沈み、ものの半時間も経たぬうちに竿もなにもその場にうち捨てて、浜沿いの掛け小屋で日本酒を飲み焼き栄螺を食ったのである。<BR><BR>○ぼくはお金ってお札、「おふだ」にちがいないっていう自説がありまして。お金を払う、つまり「おはらい」。お金を得るためにしたこと、欲、そういうなにかをふりはらいたいがために、身のまわりの財産を増やすというより、純粋にお金を捨てようとする。えい、捨てたれ、えい、って。みんな結局、死ぬまでそれをやっているんじゃないかという……。</font><BR><BR>町田さん意外と真面目に答えてる。でもおもろいなぁこの人。ふふ。最近なんで町田さんの文体が好きかという事が、何となく分かった気がする。リズムだ。町田さん自体、落語好きみたいで、あぁそうだよね、だからか、と軽く納得。失敗はホントは成功かもしれないし、成功はホントは失敗かもしれない、って回答に笑う。そうだよね。ぐるぐるだ!いしいさんと町田さんの会話も噛み合ってるのかはちょっと怪しい所もあったが(笑)フラフラ取り止めも無くて面白かった。お札↑の話はホント頷いたし、会社のことも。そっかー。バンドみたいに会社がつくれたらいいのになぁ、なんてことをふわり。思ってみる。たは。(20060513)

  • 前半は町田康による人生相談。デタラメなことを言っているようで実は問題の肝要な部分を捉えており、思わずうならされる。でも爆笑。後半はいしいしんじとの対談。。すこし冗長。

  • 回答が面白い中島らも「明るいお悩み相談室」を意識しているのがよくわかるが、いかんせん役者が違いすぎ。中島らもの方が10倍はおもろい。町田康さんの文章はやっぱりアワナイなーと再確認。

全55件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1962年生まれ、大阪府堺市出身。バンド「INU」のボーカリストとして活動する一方、俳優、詩人としても活躍。1996年「くっすん大黒」で小説家デビューし、第7回bunkamuraドゥマゴ文学賞、第19回野間文芸新人賞を同時受賞。2000年「きれぎれ」で第123回芥川賞を受賞以降は、作家としての活動にほぼ専心している。
その他受賞歴として、2001年『土間の四十八滝』で第9回萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で第28回川端康成文学賞、2005年に『告白』で第41回谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で第61回野間文芸賞をそれぞれ受賞。
上記文芸作が代表作として評価を得る一方、映画化された『パンク侍、斬られて候』など、メディア化作品が多い。エッセイストとしても定評があり、『猫にかまけて』『スピンク日記』などが人気。

町田康の作品

ツイートする