ブルーバレンタイン (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.21
  • (1)
  • (8)
  • (15)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043781065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元々は携帯小説だそうです。
    結構こてこてなハードボイルド作品でした。分かりやすく進むのは良かったけど、その分かりやすいまま終わった感じ。

  • 洋画観てるみたいな感覚。でも全て日本の設定で変な感じがした。
    『アサシン an Assassin』よりは、こっちの方が好きかな。

  • <究極の愛!>ですか。。

    復讐からは悪ばっかり生まれるだ。
    みんな死んでしまったら終わりですよ。

  • エンターテイメントとしてはなかなか。一気に読める。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1998年、「血塗られた神話」で第7回メフィスト賞を受賞して作家デビュー。裏社会や剥き出しの欲望を描いた作品群と、恋愛を中心とした作品群とを書き分け、前者は黒新堂、後者は白新堂と呼ばれる。「枕女優」「カリスマ」「百年恋人」など著書多数。近著に「痴漢冤罪」「夜姫」。

「2018年 『制裁女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブルーバレンタイン (角川文庫)のその他の作品

新堂冬樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする