8.1―Game Land (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.03
  • (35)
  • (67)
  • (233)
  • (66)
  • (28)
本棚登録 : 1269
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043792047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山田悠介の短編集。
    遊園地に遊びに行ったカップルが謎のゲームにまきこまれ....
    死体を撮りたい男と行方不明の少年の奇妙な出会いから....
    人間狩り...

    短編、

  • この人、短編のほうが本領発揮していると思う。

  • 「ジェットコースター」がすごく怖かった。
    あのジェットコースターには絶対乗りたくないね。
    最後がけっこう意外だった。
    すっごくおもしろっかたよ。おすすめだよ!

  • ジェットコースターのやつが意外と面白かった。
    山田さんはだいたい金持ちの賭け事がオチだったなーって
    最近思ったのは秘密

  • あいわからず安定の超絶ライトな読みやすさ。頭の箸休めにちょうどいい。
    (だいぶ評価してます)

  • ジェットコースターは、想像するだけで怖い〜!今だと、この状況があったら、すぐSNSに投稿されて炎上してバズるんでしょうな〜。

  • 【あらすじ】
    山田悠介初の短編集が待望の文庫化!遊園地へ遊びにきたカップルが巻き込まれる、生き残りデスゲーム…(「ジェットコースター」)、動物や昆虫の死体を撮るのを生き甲斐としている男が、偶然人間の死体を見つけたことから始まる狂気の世界とは!?(「写真メール」)、他にここでしか読めない書下ろし短編「人間狩り」の三本を収録。

    【感想】

  • ジェットコースターはなかなかハラハラしたし、好きです。短い中にもまとめてきて、思いがけないラストだったのも良かった。
    あとの2話は…普通。

  • 一気に読める短編

  • ゲームをモチーフにした「ジェットコースター」、「写真メール」、「人間狩り」の3作の短編集。
    著者にしてはオチがあり、また最後に意外な展開がある前者の2作品。そして書きおろしの「人間狩り」は上橋菜穂子のような世界観がある、著者にしてはとても珍しい作風の話。

    いずれも上手くまとまっており、また読了後の読者への投げかけが上手くできており、短編にしては面白かった。

全81件中 1 - 10件を表示

8.1―Game Land (角川文庫)のその他の作品

8.1 Game Land (角川文庫) Kindle版 8.1 Game Land (角川文庫) 山田悠介

山田悠介の作品

8.1―Game Land (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする