ブレーキ (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
2.86
  • (28)
  • (50)
  • (173)
  • (85)
  • (36)
本棚登録 : 1484
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043792054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公が何らかのデスゲームに参加して死ぬ話のアンソロジー。ホラーと銘打たれていてからどんなに怖いのかと思いきや、心理的に迫るものはなく、何も怖くない。ただ、悪趣味、人があっさり死ぬだけ・・・。

  • 短編集5話です。
    第1話が面白かったので、一気に…と…(汗)
    全話ホラーなので3話目辺りから飽きてしまう。
    読んでて「ブレーキ」がかかってしまいました。
    短編集の悪所が見えた。

  • 敢えて感想を書くまでもない気がするが一応。

    5つの短編からなるが、個人的に一番面白かったのは最初のお話かな。そもそも読んだのが随分と前になるので、それ以外の話は覚えていないのだが。

    教室に集められた死刑囚25人。彼らは死刑判決を受け、あとは執行の日をただ待つのみの身分。しかし、そんな彼らに救済措置が与えられた。その名もビンゴゲーム。

    そのルールはこうだ。
    25人それぞれをビンゴ版に見立てて抽選を行う。そして、一列が揃うまでクジを引いていき、列が揃った段階でくじ引きは終了、揃った列の死刑囚が死刑行きとなる。
    毎週この抽選を行っていき、半年間?(この辺りはうろ覚え)死刑を免れることができれば、死刑執行は免除となる。

    まあ、難しいことは考えず、肩の力を抜いて読もう。起伏はないし、結末は読めやすいけれどもたまにはこういった作品もいいのでは。

  • 後味はよろしくないけど、ハラハラしながらサクサク読める。短編集なのでどの作品も読みやすかったけど、その中の「ゴルフ」は長い上に面白くなかった。

  • 山田さん、描写がハラハラで好き

  • 全話面白くなかった。特に『ゴルフ』が面白くなかった。

  • グロテスク。

  • ホラーと知らずに呼んだ


    不思議なはなしだった

  • 初めて自分のお金で買ったのがこれだった

  • 毎度のあり得ない設定に
    冷めてきてしまいました。

    もう読むのをやめようかと思うのだけれども
    時間かかるわけでもないので
    つい読んでしまう。

全64件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2001年デビュー作『リアル鬼ごっこ』がミリオンセラーを達成。その後も大ヒット作を発表し続け10代を中心に圧倒的な支持を得る。映像化作品も多数。『僕はロボットごしの君に恋をする』などがある。

「2020年 『メモリーを消すまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田悠介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ブレーキ (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×