夜盗 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.08
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043796014

作品紹介・あらすじ

高級住宅地にある外国人宅に、忍び込み窃盗事件が発生した。定年を間近に控えた刑事・柏田は、以前手がけた未解決事件との関連を疑う。柏田には、残りの人生をともに過ごしたいと願う女性がいた。かつて孤児院で兄妹のように暮らし、いま養護施設を営むマリアだった。柏田のプロポーズに、マリアは思いがけないことを告げる…。時を超えて二人が結ばれるとき、明かされる哀しい秘密。大人のための恋愛小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高校の頃に母の本棚から拝借。

    内容は何となくでしか覚えてないのですが、
    何年後かに なかにし礼さんの作品を読み漁りました。

    担任の先生に、女子高生にしては渋いもん読んでんな。と言われたなぁ。

  • 最初からこの人犯人なんだろうなあ、と読んでる自分にうんざりしつつ最後まで読み、でも、もしかして最後にびっくりの事実が!?…と読んだけど…。
    なんもなかったわ。がっくし。
    ハッピーエンドで終わると とりあえずほっとするんだけど、心にも残らないんだよなあ。
    人間の心理って不思議だわ。

  • 孤児院出身の刑事が定年間際に出くわしたのは、外国人ばかりを狙った泥棒。
    憶えがあるそれらに首をかしげつつ、同じ孤児院出身の女性が作った学園に。
    そうして気がついたのは、まさか…という思い。

    結婚する事がメインなのか、と思いきや
    違う所というか…。
    読みやすく、理解しやすかったですけど
    何かこう…物足りない気がします。
    玄関の癖は、どうしてついたのかが知りたいかと。

  • 全てを受け入れる覚悟はできている

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1938年旧満州牡丹江市生まれ。立教大学文学部卒業。2000年『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞。著書に『兄弟』『赤い月』『天皇と日本国憲法』『がんに生きる』『夜の歌』『わが人生に悔いなし』等。

「2020年 『作詩の技法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なかにし礼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
東野 圭吾
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×