国境のハーモニカ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.08
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043802029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 45歳の鋳物職人を主人公に、彼の中学時代に身近で起きた朝鮮人差別、現在の職場で進行する不法就労のタイ人迫害や在日朝鮮人の問題、そして主人公の家族の抱える軋轢などを描いた作品。
    最近裏切られることの多い池永さんですが、この本は読み応えがありました。ちょっと『三たびの海峡』(帚木蓬生)を思わせる内容です。もっとも盛り沢山過ぎて焦点がぼやけた感じはありますが。
    差別は哀しい話ですが、最後に光が見えたのは救いでした。

  • 自分よりも弱い人間を見つけ出して見下げて、ほんの一時の「優越」を感じて安心しようとする悲しい生き方。
    見下げた人は「見下げたこと」をすぐに忘れてしまうでしょうが、見下げられた人は「見下げられたこと」をいつまでも忘れられないでしょう。

  • 【あらすじ】
    「北に帰るわ」そう言い残して、日本を去っていった在日朝鮮人の少女、スーイン。想いを寄せ合いつつも、ついに成就することのなかった初恋の記憶。鋳物職人の章之は、出稼ぎ外国人達との心の交流を通じて、冷え冷えとした日常に温かな血が通いだすのを感じる。彼らに導かれるように、かつてスーインが託していったハーモニカを章之は探し始める。体がちぎれるほどに疼く悔恨と恋情。ピュアな心を呼び覚ます感動長編。

    【感想】

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1998 年「走るジイサン」で第11 回小説すばる新人賞受賞。2002 年「コンビニ・ララバイ」で注目を集める。06 年「雲を斬る」で第12 回中山義秀文学賞受賞。その他著書多数。

「2021年 『おっさんたちの黄昏商店街 それぞれの恋路』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池永陽の作品

ツイートする
×