心という不思議―何をやっても癒されない (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.48
  • (2)
  • (8)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043807017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒーリング、ストレス対策…わき上がる不安感を改善しようと様々な「癒し」を求めても、ますますいじけた気持ちに沈んでしまう人は多い。そういう人は、充足感や達成感をもってその代用にするしかない…。正常と異常の揺らぎの狭間で浮き上がる人間の心の有り様を、精神科医としての豊富な臨床経験に基づく視点で見つめる著者が綴る、不思議な開放感にあふれたエッセイ。生きづらさに悩む人必読の書。(アマゾン紹介文)(アマゾン紹介文)

  • 精神科医の臨床経験に基づく「心」を巡るエッセイ。
    『顔面考』と併せて読みたい、
    補遺的な――というか、そのまま同タイトルの章も。

  •  春日武彦も当たりはずれがあったりするんだけど、総じてこのひとの本、目に入れば手に入れ読んでいるような気が。精神科医としての、熱血じゃあないとこがたぶん、好き。医者は神じゃねえんだよ、っていうかんじかな。

  • 春日さんは精神科医だけど、この本はエッセイなのでエッセイのカテゴリに登録。

    うつらうつらしながら読んでいた話が多く、あまり頭に入っていない。
    申し訳ない。

  • 週刊誌のエッセイのまとめ。題は内容を必ずしも表さないのでは。

  • 春日センセイが産婦人科医から精神科医になったワケにちょっと触れていて、ますます春日センセイが好きになった。この人の言うことは信用できる、と思う。

  • 主として「週刊文春」の連載コラムに発表されたエッセイをまとめたもの.本のタイトルよりも,プロローグの題「なぜ大人になれない親が増えているのか」およびエピローグの題「日本人の心はどこへ向かおうとしているのか」のほうが,内容を端的に表している.著者の目に映る「現代日本人のグロテスクさ」がメインテーマと言えるだろう.自分には,共感を覚えるところがたいへん多かった.

  • 想像していたものと違った内容。何をやっても癒されないという副題からして、癒しに関して、何か得られるものがあるに違いないと思ったのが大間違い。でも、精神科医の著者の実際、見て、聞いて、感じ、思ったことが、そのままエッセイになっている。何かを期待して読めば、あ、違った、、となるかもしれないが、へえぇ〜という軽い気持ちで読めばけっこう、楽しめますよ。私的には、割と好きでした。

  • この先生、最初は産婦人科医だったんだ。でも精神科医になった。その理由に共感が持てる。「愛さえあればとか、子は鎹とかいった脳天気な話じゃあるまい。・・・いずれにせよ子どもを道具かせいぜいバービー人形程度としてしか捉えていない親の多さに呆れてしまったのである。」それでも「おめでとうございます。」と言わねばならない。自己欺瞞も限界に達し、もともと関心のあった精神科へ鞍替えをしたのだ。なんか教育問題の核心ついてんじゃないかって気がしちゃうんだなあ。この先生、正直なんだ。ステキですよ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

【解説者】 春日武彦 (かすが・たけひこ)
精神科医。都立松沢病院精神科部長、都立墨東病院神経科部長などを経て、現在も臨床に携わる。著書に『私家版 精神医学事典』(河出書房新社)、『鬱屈精神科医、お祓いを試みる』(太田出版)ほか多数。

「2018年 『私はすでに死んでいる――ゆがんだ〈自己〉を生みだす脳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

心という不思議―何をやっても癒されない (角川文庫)のその他の作品

春日武彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
春日 武彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする