女の旅じたく     (角川文庫)

  • 98人登録
  • 3.10評価
    • (4)
    • (3)
    • (16)
    • (6)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 岸本葉子
  • 角川学芸出版 (2011年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043819034

女の旅じたく     (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  筆者の旅じたくが書かれた本。持っていくもの、置いていくもの、服選びや食事まで、多岐にわたって「旅じたく」が書かれている。
     「女の旅じたく」だけれど、女である私とはまた違った旅じたくだった。ずぼらで、思いついたものをバッグに詰め込む私にとっては、筆者のあれこれ悩む様子は「旅慣れしてる人……!」と思うばかりで、共感できるところは多くはなかったけど、ほかの人の旅じたくをのぞき見しているような楽しさはあった。

  • 旅は、はらはらドキドキがいっぱい。

  • 旅支度ってわくわくする一方すごく大変。
    でも私とは年齢が違いすぎるからか、価値観がかなりずれていて共感ができなかった。

  • 私にとっては『あっ、そうなんだぁ』程度で普通だった。
    女のではなく、彼女の旅支度についてのエッセイ

  • こんなに神経質な旅の準備はしない…。

  • 旅行前の準備や旅先でのトラブル。それも含めての旅行であるし、ぜーんぶまとめて楽しめればいいんですけど、ねー…。
    仲のいい友達とおしゃべりしている感覚で読めるエッセイです。それ私も持ってくなー、いやそれはいらないでしょ、むしろこれは欠かせない、なんて思いながら。服を選ぶ基準には思わずうんうん、と頷き、旅先での予想外の店の少なさ・閉店の早さを嘆く件では自分の体験談も披露したくなります。旅行なんだから普段の生活なんか忘れたい。けど気に入ってるものは持って行きたいし、利便性も確保したい。ついでに帰宅したときには「我が家に戻ってきたぞ」と思えるようなことを残しておきたい。帰るところがあるからこそ旅行なんですね。目的もなく流浪の旅にでるのも憧れますが、そのための準備や不便を考えると日常生活送るよりずっと大変になるのかも。たまの息抜きで旅行するくらいがちょうどいいのかもしれません。

  • 8月あたま、出張前になんとなく購入した本。
    如何に旅を快適なものにするか、というテーマに凝っていた時期でした。

    実用書を期待して買ったけど、読んでみれば旅のあれこれエッセイ。
    失敗した...と思ったけど、結果的には反面教師として活躍。
    先人の失敗から学ぶことは多かったです。

    ちなみに本著に至るまでのわたしの考え方の変遷はというと、
    最小限の荷物でこと旅の達人に違いない!
     ↓ から
    旅先でも普段の力を発揮するには、多少重くても”いつものあれ”を持っていくのが賢い旅人なんだ。どうせ荷物は行きと帰りしか運ばないし、重たい思いをするのなんてほんのちょっとだしー。

    という境地にありました。

    そんなところに本著登場。
    結果、いらないものは紙一枚でも減らして、いつもの自分でいられるものは惜しみなくもっていく!
    というのが本物の旅人かも...と遅ればせながら気がつく。

    が、その境地にたどり着いたところでなんの解決にもならず、
    結局旅慣れない頃以上に荷物の厳選に時間がかかるようになってしまったという。。。

    でも、自分の荷造りを育てていくのも旅の楽しみなんだと感じさせてくれる1冊。
    旅立ちの前にご一読をおすすめします。

  • わちゃわちゃして楽しい

全8件中 1 - 8件を表示

女の旅じたく     (角川文庫)のその他の作品

女の旅じたく (角川文庫) Kindle版 女の旅じたく (角川文庫) 岸本葉子
女の旅じたく 単行本 女の旅じたく 岸本葉子

岸本葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

女の旅じたく     (角川文庫)はこんな本です

女の旅じたく     (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする