古代からの伝言 日出づる国 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.44
  • (2)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043828012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 聖徳太子の時代の話。やっちまった小野妹子の壮大な話が面白いです。この時代は国際関係が緊張感あっておもしろい。



     この著者の別の作品「遥かなる大和」のほうが深いし、広い。そっちの方が面白い。こっちはなんか浅いし狭い。ちょっとがっかり。

     この時代をこの文量で書くのは土台むりやったんや。

     やっぱり日本は蘇我氏が面白いな。

  • 思っていたよりも朝鮮半島との外交が活発だった。
    聖徳太子には4人の妻がいた。
    この巻も熱かった!

  • 蘇我馬子と聖徳太子に関する話。朝鮮半島の情勢とリンクする形で話が展開し,馬子による崇峻帝弑逆や聖徳太子との政略の食い違い等内政部分の記述は少ない。
    遣隋使小野妹子による日出づる国・・・の国書については,当時,太子の師であった高句麗僧の慧慈が草稿を練ったとも言われているらしく,わざと,隋王朝を怒らし,倭国との仲を悪くしようという高句麗のたくらみでもという説もあるが,そのような話などは語られていなく,淡々と日本書紀の内容を小説仕立てにしているような感じである。私としては,そのような背景なども記述されているほうが,楽しく読めるが,これはこれで史実に忠実ということで,良いかと納得した。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1939年兵庫県生まれ。京都大学文学部卒。63年産経新聞に入社し、大阪本社編集局社会部長、同編集長、東京本社論説委員長を歴任。92年『ソウルに消ゆ』(筆名・有沢創司)で第5回日本推理サスペンス大賞受賞。古代史を体系的に描いた「古代からの伝言」シリーズで話題になる。

「2010年 『青雲の大和 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八木荘司の作品

ツイートする
×