古代からの伝言 民族の雄飛 (角川文庫)

著者 : 八木荘司
  • 角川書店 (2006年12月22日発売)
3.67
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043828043

古代からの伝言 民族の雄飛 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 武内宿禰かっこいいし
    天皇を一代一代見ていくのとてもおもしろい

  • 西暦404年、高句麗の英雄・好太王談徳は、百済北部から自国へ侵攻してきた倭軍と対峙していた。
    百済と同盟関係にあった日本は大規模な出兵をたびたび起こし、『広開土王』とも呼ばれる彼の圧力をはねかえして、ついには副都・平壌付近まで迫ったのだ。
    ………その数十年前。日本書紀が伝えるところによる仲哀9年、天皇は突然謎の死をとげる。
    「処女の眉のように、海のむこうに見える国がある」
    神の意を受けた皇后・息長足姫は、天才的な直感でいまこそ新時代へ向けて、国家運営の舵を切り替えねばならないと決意する。
    男装の姿をあらわした息長足姫は、全将兵の前で激をとばす。
    日本民族が雄飛するときがきた!

  • 息長足姫(神功皇后)と武内宿禰による倭国軍の朝鮮出兵について,朝鮮の歴史書の三国史記と高句麗の好太王碑,日本の記紀を比べながら辿っていく。
    神功皇后は言うまでもなく,景行大王の孫でかつ日本武尊の子の仲哀大王の后であり,応神大王の母である。
    応神大王は武内宿禰の国内充実策を煙たがり,遠ざけ,高句麗,新羅の征討にうってでる。その際は,武内の子供の葛城襲津彦を将軍として派遣するのである。
    その後,応神の子仁徳の話となる。仁徳はその名のとおり,度重なる朝鮮出兵で疲弊し貧困している状況を踏まえ,3年間の労役と税を免除した。
    その後,仁徳の子の履中,反正,允恭,安康,雄略と倭の五王時代を描く。
    五王の記述は少ないなかでも,雄略(ワカタケル)大王については,若干のページを割いて説明している。

全3件中 1 - 3件を表示

古代からの伝言 民族の雄飛 (角川文庫)のその他の作品

八木荘司の作品

古代からの伝言 民族の雄飛 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする