トーキョー・プリズン (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.53
  • (102)
  • (265)
  • (309)
  • (59)
  • (7)
本棚登録 : 1771
レビュー : 267
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043829026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦後の東京が舞台ということもあり、内容は重くて暗いものだと思っていたが、確かに重く受け止めなければならない部分もあったが、先が気になって読み進められた。誰がプリズン内で殺人を起こしたかという話と、キジマの失われた記憶を取り戻すという二つの話が軸になって物語は進んでいく。最後はすべてがハッピーエンドというわけではないが、ある部分では救いがあったおかげで読後感もそれほど悪くなくむしろ、その余韻を感じることができてよかった。

  • 世界大戦後の日本が舞台の戦争小説。

    至る所に散りばめられた伏線が見事に回収された上での結末にはただた驚くだけだった。

    また描写が豊かで読みやすく、戦争責任まで内包するクオリティは流石!

  • 登場人物の表記が全てカタカナなせい?
    妙に読みにくかった印象。間延びしていた感。

  • 解説:吉野仁

  • 柳さんが書く大戦前後のこの時代の日本がとても好きだ。
    スーツや軍服、燕尾服や着物と様々な身なりの人々が出てくるが、どれもきちんと着こなされその情景にきちんとはまっているように感じる。
    モノがなかった時代だからこそ、衣装は着る意味も含めて大切にさているように思える。
    もちろんストーリーも十分おもしろい。
    ところで、現在日本では安保法案に関して騒がしい。安倍総理を筆頭に政府が暴走していると言う意見もある。
    もしこの法案が通り、将来的に悪法と認められた時、安倍さんは別として、与党の他の面々は罪を自覚できるのであろうか?
    この小説の中にあるように『私は反対したのだが、決まってしまったものは仕方ない』と主張する人が大勢でてくるのでは?
    はっきりとは理解し切れていないけれど、なんとなく日本人・日本国の特性が解りかけたような気がする話であった。

  • ジョーカーゲーム、ダブルジョーカーが面白かっただけにがっかり。
    戦争色強すぎ。

  • 「ジョーカー・ゲーム」で見事このミス二位を獲得し一躍脚光を浴びた柳広司の意欲作「トーキョー・プリズン」は、その東京プリズンで密室変死事件にニュージーランド人の私立探偵エディと戦犯キジマのコンビが挑むミステリー。
    これはもー面白かった!!すごい面白かった!!もともと刑務所ものが好きでよく読むんですが戦後の、それも戦犯専用刑務所が舞台のミステリーは新境地。目新しい事実が色々発覚し勉強になりました。
    何よりキャラが立ってる!キジマが抜群にかっこいい!
    脱獄の常習犯にして頭脳明晰、ニヒルな笑みが似合う日本人にしては整いすぎた容姿の持ち主。戦時中に捕虜を残忍に虐待した容疑で投獄され、「悪魔じみたサディスト」と唾棄されるも、五年間の記憶を失っている。
    エディが房に入ってくるなりその出身地・経歴・考えてることを言い当てる洞察力観察力推理力、脱獄の為なら手段を選ばず錆びた釘を十数本とのみこむ強靭な精神力と人を食ったユーモアセンスをあわせもつ特異な人物造形に心を持ってかれます。
    しかし一方で記憶喪失故現実と夢の区別がつかず苦悩し、記憶を失った五年間の自分が本当に悪魔のようなサディストだったのか自問し続ける。孤独と高潔と野卑が綯い交ぜとなったキジマに徐徐に関心を持ち始めるエディ、二人の距離の縮まり方がすごくいい……!
    戦争問題を扱っていながら固くならず読めるエンターテイメントとしても完成度高いです。

    何が悪で善なのか。
    キジマは本当に捕虜を虐待したのか。

    「捕虜を虐待するのが悪なら女子供の頭の上に爆弾を落とすのは悪じゃないのか?」
    「戦時中だから人殺しは許される?そんなことはない、人殺しは許されるか許されないか二択だ」

    重い命題。責任の不在。本当に責任をとるべき人間は誰か?
    敗戦国の日本人が天皇を変わらず仰ぐ一方マッカーサーに熱狂的な声援を送る心理が鋭く解剖されていて唸らされました。

  • 読みやすくて面白かった!!第二次世界大戦の話も絡めつつ、推理ものとして出来上がっていた。
    日本で習った歴史と考え方が、他国から見たら気味悪かったり感情が無いようにみえたりするんだなと感じた。(確かに昔の戦争の考え方はひどかったけど)

  • P412

  • 戦後間もない日本
    東京裁判にかけられる戦犯
    巣鴨拘置所内の殺人事件
    なかなか良し

全267件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

一九六七年生まれ。二○○一年『贋作『坊っちゃん』殺人事件』で朝日新人文学賞受賞。○九年『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞長編及び連作短編部門を受賞。同年刊行の『ダブル・ジョーカー』は、『ジョーカー・ゲーム』に続き二年連続で「このミステリーがすごい!」の二位に選ばれる。主著に「ジョーカーゲーム」シリーズ、『ロマンス』『楽園の蝶』『象は忘れない』などがある。

「2017年 『風神雷神 雷の章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トーキョー・プリズン (角川文庫)のその他の作品

トーキョー・プリズン 単行本 トーキョー・プリズン 柳広司

柳広司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
和田 竜
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする