贋作『坊っちゃん』殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.28
  • (17)
  • (30)
  • (77)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 445
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043829057

作品紹介・あらすじ

四国から東京に戻った「おれ」-坊っちゃんは元同僚の山嵐と再会し、教頭の赤シャツが自殺したことを知らされる。無人島"ターナー島"で首を吊ったらしいのだが、山嵐は「誰かに殺されたのでは」と疑っている。坊っちゃんはその死の真相を探るため、四国を再訪する。調査を始めたふたりを待つ驚愕の事実とは?『坊っちゃん』の裏に浮かび上がるもう一つの物語。名品パスティーシュにして傑作ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏目漱石『坊っちゃん』の3年後を描いたミステリー。原作の内容を忠実に回収しつつ、ミステリー部分は時代背景を踏まえた真相とまさかの結末。
    うっかり原作うろ覚え状態で本書を読んでしまったのですが、さほど問題はありません。でも原作を先に読んだ方が数段楽しめるかと思います。
    パスティーシュ(文体模写)の作品は読んだことが無かったので新感覚。

  • 夏目漱石の「坊ちゃん」をベースに後日談を描いた物語。
    坊ちゃんが四国を去って3年。
    久しぶりにあった山嵐から赤シャツが自殺をしたと聞かされる。
    しかも自殺をしたのは、坊ちゃんたちが四国を去ったその日だというのだ。
    赤シャツとはいろいろな因縁があり、そもそも教員を辞め四国を去る原因になったのも赤シャツだった。
    だが、山嵐は赤シャツの死は他殺だという。
    真相を探るべく、二人は四国へと向かう。
    せっかくなので、本家の「坊ちゃん」を読んでからこの物語を開いた。
    すると不思議な世界が待っていた。
    本家「坊ちゃん」で何気なく語られていた場面が、この贋作では思いがけない意図が裏に隠されていたことになる。
    思わず納得してしまうような解釈も、事件の真相も、坊ちゃんが四国で過ごした日々も、すべてが違ってみえてくるから不思議だ。
    しかも、本家「坊ちゃん」のキャラクターそのままに動き、会話をしている。
    いかにもこの人物なら言いそうだ、やりそうだ、という設定が少しも崩れていないところが特にすごい。
    二宮くんがドラマで演じると知って、あらためて読み直してみたのだけれど、それがこの物語に出会うきっかけにもなった。
    こんな出会いもまた楽しい。

  • 柳先生の書くパスティーシュは、ことごとく私のツボにハマってくれます( ^ω^ )好き!

    今回のテーマは、夏目漱石の坊ちゃん。高校の教科書でもお馴染みですね( ^ω^ )変わってたらどうしよー

    原作以上にお坊っちゃま然としている主人公が面白おかしく描かれて思わずニヤリとしたり、原作に沿って行間を読み込んでいくような展開に感心したり。
    既読作品でも感じましたが、言い回しや世界観が原作にかなり忠実な点がすごいですね。

    お手軽に楽しめるパロディかと思いきや、当時の世相を反映したテーマで描かれており、IF物としてもとても読み応えがあります。あのキャラ達が某思想に傾倒して、様々な闘争を水面下で繰り広げていたかもしれない…と想像すると、原作を読み返して深読み作業したくなりました。そして、水面下の抗争に気付かないお坊っちゃま主人公が更に滑稽に読めるかもしれません( ^ω^ )新しい楽しみ方ができるかも〜

    謎自体は、
    【見渡しのきく無人島に渡ったのは、赤シャツ(被害者)と同行者のマドンナ(第一発見者)のみ。
    赤シャツを殺せる余人のいる余地はなく、女の細腕で犯行は不可能。よって、赤シャツの首吊りは本人の意思によるもの、即ち自殺!!】という、非常にシンプルなものです。しかも、この謎解きがメインテーマじゃないので、縊死事件そのものはあっさり解決します。
    メインは飽くまで、【坊ちゃん】に登場するキャラ達のIFストーリーです\(^o^)/


    にっくき赤シャツに制裁を加え、四国から東京に戻って早三年。教師を辞め、電車の保守点検を生業と定めた「おれ」の元を、かつての同僚である山嵐が訪れたーー赤シャツが自殺したという衝撃的なニュースを携えて。
    自殺ではなく他殺ではないかと疑問を抱く山嵐と共に四国を再訪した「おれ」は、やがてかつての知人達に纏わる秘密に図らずも迫っていくことに…。
    果たして、赤シャツの死の真相とは?彼の死の前後に一緒にいたというマドンナの関わりは?

  • 巧みだ。

    夏目漱石の『坊っちゃん』の3年後を柳広司が勝手に描いた本作。

    パスティーシュ(文体模写)と言うらしいが、元ネタの『坊っちゃん』の登場人物や設定、物語だけでなく、夏目漱石の文体まで似せられていて、本物の続編かのように読めた。


    と、同時にミステリーとしても面白かった。

    なぜか『坊っちゃん』で引かれた伏線を回収していくようなストーリー展開。

    『坊っちゃん』で起きた出来事が「実はそういう意味だったのか」と附に落ちていく(本当は違うはずだが)


    パスティーシュというものを初めた読んだが、なんとも巧みだな、と。

  • やはりババァ萌え、

  • まあまあ

  • 坊ちゃんをもとにしたミステリーです。坊ちゃんを読んだことがある人は楽しめると思いますが、漱石の作品自体を読んだことがない人は文体だけでも疲れると思います。結論に意外性があるとよかったかなと思います。

  • あの夏目漱石の坊ちゃんをベースとしたミステリー。もちろんベースとなる坊ちゃんを知らないとあまり楽しめません。

    世界観や時代背景は確かに古いんだけれども、
    夏目漱石の小説をベースとする理由がいまいちわかりませんでした。

    話の展開や結末も納得感があまりありません。

    なんと言ったら良いのか…。

  • 読み終わったんだけど、
    わかんなくなったからもう一回読む。

    夏目漱石、「こころ」と「それから」しか読んだことなくて、
    読み終わるのにすごく時間がかかってしまうのだが、
    この本もそうだった・・・。

  • 「坊っちゃん」の各事象に解釈を加えることで、
    実は民権派と社会主義者の闘争があった、
    それに端を発する殺人事件があった・・・てな話に。

    こういうのもパスティーシュになるんでしょうか?
    しゃれてるなあ。

    しかし、「坊っちゃん」って・・・覚えてますねえ。
    「そうそう、こういうのあった」って。
    自分でびっくり。こういう、年若の時期に広く読まれる本ならではの特権ですね。

    日本社会は湯治に寛容だから、「温泉」って、政府転覆を企む者達の隠れ蓑になっている・・・って、面白い新説だと思いました。

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九六七年生まれ。二○○一年『贋作『坊っちゃん』殺人事件』で朝日新人文学賞受賞。○九年『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞長編及び連作短編部門を受賞。同年刊行の『ダブル・ジョーカー』は、『ジョーカー・ゲーム』に続き二年連続で「このミステリーがすごい!」の二位に選ばれる。主著に「ジョーカーゲーム」シリーズ、『ロマンス』『楽園の蝶』『象は忘れない』などがある。

「2017年 『風神雷神 雷の章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳広司の作品

贋作『坊っちゃん』殺人事件 (角川文庫)に関連するまとめ

贋作『坊っちゃん』殺人事件 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする