千里眼 ファントム・クォーター (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.42
  • (18)
  • (46)
  • (106)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 501
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 消えるマントが現実になる…。恐るべき機能を持った繊維が極秘で開発されつつあった。その繊維を被せられたトマホークが日本のある場所に向けられているという。一方、何者かに拉致された岬美由紀が気がつくと、そこは幻影の地区と呼ばれる奇妙な街角だった。重なるトラップをかいくぐり、ここから脱出せよ!見えざる武器を操る組織を阻止する、美由紀の秘策は?!

  • 数年ぶりにこのシリーズを読みました。
    相変わらずのチートっぷりが心地よかったです(笑)

  • 上等な娯楽小説。あり得ねぇとか言ってはいけない。単純に面白がって読める。あと高級な車の描写が楽しい。

  • スケールがますます大きく、美由紀はますます強く。到達点が見えないが、面白いことだけは確か。

  • 相変わらず飛びぬけて万能な美由紀さんがひとりで国の危機を救っちゃいます。消えるミサイルさえ対空ミサイルで応戦し空中で爆発させるとか28歳とは思えません、フットワークの軽さという言葉ひとつで片づけられない行動力。マフィアの思惑など朝飯前ですねさすがです。

  • 新シリーズから読み始めたとはいえ、2作目からこの規模感というのには度肝を抜かれました。株のストップ安といい、イカサマカウンセラーといい、規模のでかさの割に地に足ついた話なのがすごい。

  • The startにも増してスケールの大きい展開。心理学に関する内容も解りやすくて興味深い。ジェニファー・レインの登場も徐々に増えているので、美由紀どのように接触していくのか気になる。

  • いつもの松岡ワールド、最高です。

  • シリーズ第二弾。細かな描写は徹底的に省き、読みやすさわ追求しているが、ストーリーの面白さは健在。
    ミサイルを見えなくする新素材が開発されたり、株価が急落したり、不穏な空気が日本を覆うなか、チェチェン難民のボランティアにロシアから呼ばれた美由紀。ところが、連れて行かれたのはまるでゲームの世界。犯人の狙いは、真の敵は誰か。日本の危機を救うために美由紀は戦う。

  • 読了。

全34件中 1 - 10件を表示

プロフィール

松岡 圭祐(まつおか けいすけ)
1968年生まれの作家。1997年に出した小説デビュー作『催眠』がヒット作となりシリーズ化される。1999年の『千里眼』も人気を博し、シリーズ化。
一番著名なのは『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとした「Qシリーズ」で、「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」というキャッチコピーで人気を博し、映画化された。

千里眼 ファントム・クォーター (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

千里眼 ファントム・クォーター (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする