蒼い瞳とニュアージュ 完全版 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (12)
  • (36)
  • (56)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 330
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836116

作品紹介・あらすじ

ギャル系のファッションに身を包み、飄々とした口調で大人を煙に巻く臨床心理士、一ノ瀬恵梨香の事件簿。都心を破壊しようとするベルティック・プラズマ爆弾の驚異を彼女は阻止することができるのか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 深キョンを想像しながら読んだ。しっくりいったなあ〜。でも最後はホントかい、みたいな感じだった。
    心理学者って興味あるのでシリーズ読んでみたいな〜。09.02読了。

  • ちょっと後半現実味が無くなってきて少し置いてかれた感じ。

  • これも連休中に読めました。
    今回は美由紀が主人公でないのですね。通常の千里眼シリーズと思って買ってしまいました。
    美由紀とは臨床心理士繋がりということですか。なんか緊急時の行動パターンが素人版・美由紀というだけな気も...人物描写も深くないし。
    もうちょっと丁寧に書いて欲しいなぁ。
    あ、表紙はきれいかな。

  • 松岡さんの作品は本好きもそうでない人も楽しめるエンターテインメントです。現実離れしたストーリー展開ではありますが最後までいっきに読ませる力を感じました。

  • 新宿で発生したキャバクラ火災事件の関係者の前に現れたのは、ブランドバッグを肩にかけ、お姉系のファッションに身を包んだ少女のような印象の美形の女性。彼女はくだけた口調でこう言った。わたしねー、一ノ瀬恵梨香、臨床心理士ー。光と影をあわせ持つ異色の新ヒロインが、日本列島を震撼させる爆弾テロを阻止するために、残されたわずかな手がかりから謎を解き明かす!

  • WOWOWのドラマは全く印象に残らなかったけど、原作は面白いではないか!

  •  完全無欠の美由紀よりえりかの方がすきだなあ。話もスピーディでいい。深キョンがぴったりの役だね。映画も見たくなった。

  • 2015.5読了

  • 臨床心理士が活躍する小説「蒼い瞳とニュアージュ」
    http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2014-12-16

  • 美由紀とはまた違った視点から心理士の経験と知識で事件を解決に導くお話。宇崎さんを応援したくなります。アクション映画のようなスピード感のある流れで、さくさく読めます。二人にはまた事件を通してではなく再会してほしいですね。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部超。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞。『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』は19年に全米翻訳出版。NYヴァーティカル社編集者ヤニ・メンザスは「世界に誇るべき才能」と評する。その他の作品に『ミッキーマウスの憂鬱』、『ジェームズ・ボンドは来ない』、『黄砂の籠城』、『ヒトラーの試写室』、「グアムの探偵」「高校事変」シリーズなど。

「2021年 『千里眼 ノン=クオリアの終焉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡圭祐の作品

蒼い瞳とニュアージュ 完全版 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×