蒼い瞳とニュアージュ〈2〉千里眼の記憶 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.54
  • (13)
  • (27)
  • (50)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 282
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836147

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • DV相談会に現れた頬に無惨な痣のある女性。元臨床心理士の一ノ瀬恵梨香は鋭い観察力で彼女の本当の目的を見抜き、その人生を救う。それが大事件の序章とも知らずに。一方メルセデス・ベンツばかりを狙う盗難事件が相次ぐ。盗難車を追う恵梨香が見たのは、数百台ものヘッドライトで描かれた巨大なスリーポインテッド・スターだった。この愉快犯の狙いは?そして恵梨香を苛む千里眼の記憶とは。

  • 遂に千里眼登場かと思わせておいて…。こんなところで岬美由紀の両親の死の真相が暴かれるとは思わなかった。

  • ベンツがことごとく盗まれて山でまとめて燃やされる事件が発生。それによってエリカが精神的に大きくダメージを受け、そんな中燃やしたひとたちに拉致、脅迫を受けさらに症状が重くなり、動物やものが喋るように。スピード感がありぽんぽん進んでいくのでさらっと読み終わりました。しゃべりだしたときは正直病気というよりメフィストがかかわってるのかと思うほどでした。宇崎くんとくっついてくれたらと思うところがちらほら。幸せになってほしいです。

  • 医大定期診察に持っていき読了。元臨床心理士の一ノ瀬恵梨香が巻き込まれたメルセデス・ベンツばかりを狙う盗難事件。恵梨香を苛む千里眼の記憶。。。『千里眼シリーズ』で気になっていた、一ノ瀬恵梨香と岬美由紀の絡みがわかる。深田恭子が表紙になっているが恵梨香のイメージが違った。女優ではないがギャル曽根をイメージしていた。と岬美由紀の絡みがわかる。

  • 恵梨香の視点で書かれているが、美由紀の両親の事故の真相がわかる。臨床心理士を辞めて心理相談員になった恵梨香。事件に巻き込まれ、パニックから動物の声が聞こえるドリトル症候群となってしまう。事件を解決した後、療養のために萩原県に住むことになる。そして千里眼の10巻に続く・・・

  • ここから「千里眼とニュアージュ」につながります。

  • 「蒼い瞳とニュアージュ」と「千里眼とニュアージュ」の間の作品になります。
    私は先に千里眼を読んでいましたが、違和感なく読めました。
    観ていないのですが、映像化されていたらしく、写真が数枚載っています。
    さりげなくネタバレのあの子。。。
    ま、可愛いから許しちゃいます!

  •  臨床心理士の資格は返上したものの、心理相談員として人の悩みを聞く仕事は続けていた恵梨香。しかしある日、相談を解決するために現場へ行った帰り、愛車のベンツを盗まれてしまう。聞けば今、都内では同じようにベンツがあちこちで盗まれているという。盗まれたベンツがある場所に集められているという情報を内閣情報調査室の宇崎俊一から仕入れた恵梨香は、いてもたってもいられずその現場にも同行するが、なんとベンツは大爆発、そして怪我を負った恵梨香は救急車で搬送される。そして搬送先の医師は怪しげに微笑みながら言った――「お目にかかれて光栄だよ、千里眼」。

     千里眼=岬美由紀と間違えて拉致されたということで、岬美由紀の名前は何回か出てくるものの、本人が登場したり、恵梨香と接触したりすることはない。どうやらこの出来事は岬がアル=ベベイルの事件がらみでイラクへ飛んでいる間の出来事らしいので、時系列的には「千里眼 トランス・オブ・ウォー」と同時期ということになるらしい。恵梨香が岬美由紀をある程度模写しているという事実はあるようだが、やはり岬とは違い、かなり危なっかしい彼女。今回は彼女自身がPTSDやかなり重篤な精神状態におかれてしまう。”ドリトル現象”なるもので動物や物と会話する中で事件を解決していくのだが、やはりその突飛な症状ゆえ、リアリティがあまり感じられない。「半側空間無視」という病気も、なかなか理解するのは難しいよねぇ。おまけに、恵梨香の精神病自己治癒って・・・。そんなこと可能なの!?

     今まで一貫して小学館文庫版を読んできたのだが、今作に関しては小学館文庫版が存在しないので、角川文庫版を読んだ。小学館文庫版では岬美由紀の両親の乗った車が恵梨香宅に突っ込んで恵梨香の両親が死亡したことになっていたが、角川文庫版では恵梨香の両親は一家心中を図り死亡。そのあと一人暮らしをしていた恵梨香のアパートに岬の両親の車が突っ込んだことになっている。

  • 以前精神障害を発症したため臨床心理士の資格を返上し心理相談員として働く一ノ瀬恵梨香。ベンツばかり狙う盗難事件が発生し、内閣情報調査官の宇崎俊一と再会する。車両部品の違法改良による事故をめぐる岬美由紀との意外な接点。

  • 千里眼シリーズと繋がっていく重要なストーリー。精神病を発症しながらも、悪と戦う恵梨香がカッコいい!千里眼とニュアージュで恵梨香のその後が描かれています。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松岡 圭祐(まつおか けいすけ)
1968年生まれの作家。1997年に出した小説デビュー作『催眠』がヒット作となりシリーズ化される。1999年の『千里眼』も人気を博し、シリーズ化。
一番著名なのは『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとした「Qシリーズ」で、「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」というキャッチコピーで人気を博し、映画化された。

蒼い瞳とニュアージュ〈2〉千里眼の記憶 (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

蒼い瞳とニュアージュ〈2〉千里眼の記憶 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする