千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉 (角川文庫)

著者 : 松岡圭祐
  • 角川書店 (2008年1月25日発売)
3.62
  • (25)
  • (38)
  • (57)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :356
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (514ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836154

千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メフィストの拷問により、心神耗弱状態になった岬美由紀。中国へ送られる途中で、蒲生と嵯峨に助けられれ自分を取り戻し、日中間に起こりそうになる戦争を回避する為奔走する話の流れ。美由紀が スーパーマン並みに活躍して物事を解決する為、 文章を読んでいてもあまり親近感がわかない。でも、物語の最後の辺りで明らかになる恒星天球教教主と今回の騒動の黒幕との関係が物語の壮大さを感じさせる。話の展開が破天荒過ぎてついていけるかわからないが、引き続きシリーズを読んでいきたいと思う。

  • 息抜きのつもりが思いの外のめり込んで読んでしまった。
    これぞエンタメ小説、と言った感じなのだけれども、日・中、間国の問題などがリアルでゾクっとしました。

    こんなこじ付けた理由で戦争なんて…と思ったのですが、意外と戦争の始まりなんてこんなものなのかもと。
    スケールが大きすぎる気がしないでもないですが、まぁそれはそれで。

  • おもろい!

  • 既読

  • やっぱりやってくれます。仲間がいて本当に良かった。
    私恥ずかしながら気功の仕組みをお話の中できちんと説明してもらい初めて知りました。スケールもすごいけど心理についても面白いからシリーズやめられません。

  • 荒唐無稽という評価があるが、ありえないことだらけで大人が読んで鑑賞に堪えるとは思えない。初めての作者に手を出すときはレビューを読み込もうと思わされた。

  • ともすれば荒唐無稽になってしまいそうだが、リアル感が失われていないのがすごい。日中開戦間際の緊迫感は凄まじかった。

  • 「荒唐無稽」もここまで来ると...(^ ^;
    はいはい、あぁ、そうですか...みたいに
    楽しむことができなくなってくる(^ ^;
    私は(^ ^;

    シリーズ一作目の感想で「まるで007」と書いたが、
    もはや少年ジャンプの冒険マンガの世界(^ ^;
    おっさんが読む本ではないな(^ ^;

  • 話のスケールが大きい分、それを収束させる方法もスケールが大きい。暴動を鎮圧させた方法は、(それを予測させる伏線は張られていたとはいえ)あまりのシンプルさに笑ってしまった。

  • ペンデュラムの策により、日中戦争開戦の原因とされてしまった岬。ペンデュラムに囚われ痛めつけられた挙句、開戦間近の中国へなぶり殺しにされるために、嵯峨と蒲生と共に連れて行かれてしまう。そこで日中開戦を防ぐために、絶体絶命の状況に岬が全力で立ち向かう!

全33件中 1 - 10件を表示

千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉 (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉 (角川文庫)に関連するまとめ

千里眼 運命の暗示 完全版―クラシックシリーズ〈3〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする