クラシックシリーズ7 千里眼の死角 完全版 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.62
  • (12)
  • (24)
  • (34)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 253
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (527ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836260

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界各地で頻発する人体発火現象。判明した被害者の身元にはある衝撃の共通点があった。ペンタゴンは事態を憂慮し、密かに動きはじめる。一方、一連の事件に過剰に反応したイギリス王室のシンシア妃の精神状態の安定をはかるため、臨床心理士の嵯峨敏也はバッキンガム宮殿に向かった。世界統治を目論むメフィストによる、人類の歴史を根底から覆す戦慄のプロジェクトに岬美由紀が立ち向かう。

  • 2018/3 11冊目(通算42冊目)。シリーズ第7弾。アメリカの戦略衛星兵器が乗っ取られ、あわや世界がメフィストグループに侵略されるかどうかという話の筋。シリーズを通じて、国内テロや日中開戦、果ては世界征服とどんどん話のスケールが大きくなるこのシリーズ。細かいことはさておいてハリウッド映画を見る感覚で読むといいのかなと思う。あと、岬の女子高生コスプレのシーンとエピローグのダビデに嵯峨にフラれたといわれて怒り出す岬には爆笑した。話がどんどん現実から離れていくこのシリーズだが、続けて読んでいきたいと思う。

  • 既読

  • 無茶苦茶な話なのに完全にはリアルさを失っていないのが不思議。

  • 読了。

  • 世界各地で起きる人体発火事件。アメリカが保有する衛星システムを新総裁率いるメフィストグループが乗っ取ったのだ。ターゲットを衛星から特定してレーザーで焼き殺す。地球上どこにも逃げ場がない。そんな折り、美由紀の前に、メフィストグループを追われたダビデが現れる。美由紀と共に戦うダビデ。メフィストは世界中の軍事施設を破壊し、世界制覇を目論むが…
    ダビデが意外にもいい奴で、絶望の中にもユーモアがあってよかった。

  • クラシックシリーズ7

  • 人工脳ディフェンダーを悪用されて、世界中の人々が衛星から狙い撃ちされて、武器をもつものや悪党に人体発火が起こり、世界がパニックに。今回ダビデも狙われてちょっと溜飲が下がる。余裕が取れて人間らしさとお父さんぽい事もしてくれます。恋はもうこれで諦めるのかなぁ。あっちも自覚なさそうだけども。

  • シリーズ初期は美由紀のすごさが目立ってたけど、このあたりは美由紀の弱い面が出て周りの仲間たちが居てこその強さを見せる様になった感じ…?嵯峨さーん(´・ω・`)

  • ダビデが意外といい人でした。

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

松岡 圭祐(まつおか けいすけ)
1968年生まれの作家。1997年に出した小説デビュー作『催眠』がヒット作となりシリーズ化される。1999年の『千里眼』も人気を博し、シリーズ化。
一番著名なのは『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとした「Qシリーズ」で、「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」というキャッチコピーで人気を博し、映画化された。

クラシックシリーズ7 千里眼の死角 完全版 (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

クラシックシリーズ7 千里眼の死角 完全版 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする