クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 下 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.79
  • (22)
  • (21)
  • (32)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 285
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836284

作品紹介・あらすじ

自衛隊への信頼が揺らぐ中、麻薬密輸船の領海侵犯事件にも悩まされる防衛省に、巨大企業の陰謀が迫っていた。日本の軍事的、政治的危機に、美由紀が命を賭けて挑む。かつてない筆致で読ませるシリーズ最高傑作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2018/10 6冊目(2018年通算139冊目)。読み終わった感想は、ちょっと話に無理があるなという感じ。空自の所だけでも十分話としては面白かったのだけど、その後の話の部分は書く必要があったのかなと読んでいて思った。巻末の批評では「傑作だ」と書いてあったが、自分はそうは思わない。読んでいて混乱した。でもせっかくシリーズを全部そろえたので、引き続き読んでいきたいと思う。

  • 自らの精神鑑定を求める伊吹直哉だっ、アルタミラ精神衛生の周到な罠で美由紀との関係が崩れ始める。一方、伊吹の引き起こした過失事故被害者の許には、不可解な脅迫文書が届いた。この事件の意外な顛末はアルタミラと密輸船の驚くべき陰謀へと繋がってゆく。そして領海侵犯の真の狙いを見破った美由紀は、再びF15の操縦桿を握り日本海へと飛び立つ。愛と戦争のテーマに挑んだ感動巨編。

  • 既読

  • 美由紀の過去が今までで一番描かれていて、シリーズ最高の出来かも。

  • 伊吹が自信を取り戻し気持ちを整理するためにあえて出撃させる美由紀は培ってきた自衛隊の心理と伊吹自身を信じていたからで、最後は無事に作戦成功させて基地を去るところは安堵と空虚が両方あっただろうなと。途中途中誰か支えてくれたらいいのにとか、伊吹とよりを戻してくれたらいいのにとか岸本今じゃなくていいから残るようなひとこと言ってあげてとか期待してました。最終巻は幸せになってくれるといいんですが。

  • 前作のSFチックな雰囲気から一転、リアルな描写だった

  • シリーズ最高傑作の呼び声が高いだけあって面白いです。

  • 今まで読んできたシリーズの中で一番面白かったです。
    何度も岬さんの過去は描かれてきましたが、回想で少ししか出てこなかったこともあって、なかなか興味深かったです。
    あんなに自衛官に復帰するのを嫌がっていたはずなのに、あっさり復帰してしまうところも岬さんらしい。
    それと、誰よりも人を救いたいと願う彼女の口癖が「殺すぞ」なのも良いですね。
    終わり方も好みで、最後まで面白かった!

  • 10月-2。4.0点。
    上巻と違い、あっという間に読める。
    陰謀や、官僚たちの軋轢やら、いろいろあり、最後は空中戦。
    面白かった。

  • 後半のほうが伸びが良い感じだったかも!

    伊吹キャラにも愛着がわくようにもなりちょっと二人の関係に期待も・・?!

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部超。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞。『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』は19年に全米翻訳出版。NYヴァーティカル社編集者ヤニ・メンザスは「世界に誇るべき才能」と評する。その他の作品に『ミッキーマウスの憂鬱』、『ジェームズ・ボンドは来ない』、『黄砂の籠城』、『ヒトラーの試写室』、「グアムの探偵」「高校事変」シリーズなど。

「2021年 『千里眼 ノン=クオリアの終焉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡圭祐の作品

クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 下 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×