クラシックシリーズ9 千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 上 (角川文庫)

著者 : 松岡圭祐
  • 角川グループパブリッシング (2009年1月24日発売)
3.83
  • (14)
  • (28)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
  • 225人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836291

クラシックシリーズ9 千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 既読

  • ちょっと危ない方向に美由紀が傾いてしまっていることが残念。

  • なんだか益々、われらが岬美由紀の活躍が世界中に浸透されていくという巨大な話へとなってきました。小泉さんやブッシュさんまでご登場して、岬美由紀に挨拶するんですから!(笑)。
    上巻は主に岬美由紀の自衛隊幹部候補生時代の話です。
    戦闘機のパイロットとなるための過酷でし烈な争いをすることになる同じ幹部候補生の女性自衛官たちとの話です。ま、この話は下巻での伏線となっているんですけどね~。
    それともう1つ。岬美由紀の両親は交通事故死したことは今までのストーリーにもでてきましたが、そこも深く描かれていまして、他の作品で登場してくるあるカウンセラーへと結びついています。
    うふふ、こういう繋がりがこれまたシリーズを面白くさせているんですよね~。上手いな~松岡氏!
    イラクへ派遣された岬美由紀ですが、人質解放と同時に起きた爆撃で、ひとり取り残されてしまいます。さて~~この窮地、岬美由紀、どうするか?!
    相変わらずのスピード感には逆に圧倒されるほど。サクサク読めるしね~。
    どうしてもアメリカ寄りの報道が入ってくる日本では、私も例外なく、イスラムの方が「悪」として映ってしまいます。
    私は戦争をする両方ともが「悪」になると思っています。
    あまりに爆撃とかテロだとかそういうことが表面化しすぎていて、犠牲となっている老人、女性、子供たちのことは蔑ろにされすぎていると、松岡氏作品を読んで、改めて感じました。
    人種や宗教を越えることはできないとわかっています。少しずつでもいいから平和な日々が世界中に訪れることを願わなくてはいられません。
    小気味よかったのは・・・・ラストシーンでのブッシュさんに進言する岬美由紀のセリフですね~。
    世界の指導者たちはもっともっと下々の生活のことを考えるべきなのに!と憤りを感じます。がんばれ~~!岬美由紀!!

  • 上巻はほとんど美由紀の救難隊になるためのテストを受けている期間の話でしたが、小俣三佐ともうちょっと最後訓練を終えたときとか千春じゃなくて三佐が来て何か言ってほしかった。下巻は自衛隊メンバーが出てくるのかなとちょっと期待です。

  • イラクの武装勢力に民間の日本人が拉致され、PTSDを発症していたことから解放交渉に赴いた美由紀。だがアクシデントから美由紀だけが武装勢力に残されてしまう。
    8割は、気を失った美由紀が回想する5年前の両親の事故死と救難ヘリパイロットの訓練期間の話。後のシリーズでも活躍する登場人物との出会いの巻。

  • イラクの話で始まったのに早々に美由紀の過去の話…
    上下巻で別れてるけど後編とはどんなつながりが?

  • 最近回想が多いです。

  • 主人公が最初からLv.100なんだけれど、それでもやっぱり問題にぶちあたるよね。

  • 10月-16。
    イラクにたった一人取り残された岬。処刑をまぬがれるところまで。
    上巻の大半は、昔話。

  • イラクを舞台にした大スペクタクル、といっても上巻の中心となるのは美由紀の過去の話について。このエピソードで『千里眼シリーズ』と『ニュアージュシリーズ』のつながりが明らかにされます。過去の訓練のエピソードやイラクの様子など、どちらの描写もかなりのリアリティがあって、そういう点でも興味深く読めました。

全13件中 1 - 10件を表示

クラシックシリーズ9 千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 上 (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クラシックシリーズ9 千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 上 (角川文庫)はこんな本です

クラシックシリーズ9 千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 上 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする