クラシックシリーズ12 千里眼 背徳のシンデレラ 完全版 上 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.81
  • (13)
  • (23)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 215
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (587ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836345

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「鬼芭阿諛子」なる人物が石川県の神社で宮司を務めている!?神社に急行した岬美由紀は、そこでかつての師であり宿敵であった阿諛子の母・友里佐知子の日記を入手する。その日記には、驚愕の昭和裏面史=友里の過去が記されていた!圧巻のスケールで描かれる激動の歴史。メフィスト・コンサルティング、ダビデ、マリオン・ベロガニアと友里の戦いが明らかになる。

  • 既読

  • 遂に友里の凄惨な過去が明らかになった。読むのが止まらない。そしてやはりあいつは生きていた。

  • ほぼ美由紀は出てこず、友里の人生を綴った日記を読み進めるだけで上巻は終わりです。波乱万丈、凄惨すぎてこんなに激動の日常を送っていたら自分が信じるいい方向に突き進んでも仕様がないのかもしれないと同情(されたくはないでしょうが)します。ダビデやマリオンと同期で天才たちの中に入ってこのままメフィストに従っていたら別の道もあったかもしれなかったですが、あっさりとわが道を突き進んでいきますね。極めつけあゆこの育て方の徹底ぶりが凄まじい。

  • オープニングには驚かされた。そして、まだ生きていた宿敵の登場にはややゲンナリ。そして、友里の半生の暗い時代には読むのを止めたくなったが、メフィストとの出会いからは面白味も出てきた。あの大事件も利用するとは、大胆!

  • 千里眼シリーズ第12弾。
    いよいよ、友里佐知子の過去が明らかになり、恒星天球教の成り立ちやメフィストコンサルティングとの関係も明かされる。
    上巻である本作では、後半はほぼ友里の半生を振り返っており、もはや主役は岬美由紀ではなく友里佐知子という状態。なぜ友里佐知子という名前になったのかについても明かされる。その文量に圧倒される。前半の美由紀や鬼芭阿諛子の絡むストーリーを忘れてしまう勢いだが、相変わらずページをめくる手を休ませない展開に流石だと感心させられる。
    下巻ではいよいよ恒星天球教との決着が待ち受けている。どのように決着させるのか、友里の半生とあわせてその展開が気になるところだ。

  • 本編で久しく名を出していなかった鬼芭阿諛子が再び!
    クラシックシリーズ最終作品とだけあって、美由紀と友里の因縁、
    そして友里の意志を汲む鬼芭阿諛子との決着が付くのか?
    友里の過去が明かされてシリーズの締めになる!

  • 1月-4。3.5点。
    千里眼クラシックのラスト。
    友里、鬼芭との最終決戦かな。
    友里の日記中心の上巻。下巻に期待。

  • 冒頭一行目からいきなりのスケールのでかさにびっくりしました(笑)
    始めからこんな展開で大丈夫かな?と思いましたが、こんな話をつかみにしか使わないなんてやっぱりこのシリーズはすごいなあ、と思います。

    そして話は鬼芭阿諛子との最終対決と友里の過去のエピソードへ。話が進むにつれ、さらに話は壮大になっていきます。

  • 友里佐知子編の最終章!
    今まで謎に包まれていた宿敵友里佐知子の一生が明らかになります。
    友里とメフィスト、また鬼芭 阿諛子との関係など、これまでの伏線が一気に回収されてて、分厚いですが一気に読めてしまいます!!

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

松岡 圭祐(まつおか けいすけ)
1968年生まれの作家。1997年に出した小説デビュー作『催眠』がヒット作となりシリーズ化される。1999年の『千里眼』も人気を博し、シリーズ化。
一番著名なのは『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとした「Qシリーズ」で、「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」というキャッチコピーで人気を博し、映画化された。

クラシックシリーズ12 千里眼 背徳のシンデレラ 完全版 上 (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

クラシックシリーズ12 千里眼 背徳のシンデレラ 完全版 上 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする