万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)

  • 2050人登録
  • 3.82評価
    • (147)
    • (293)
    • (231)
    • (19)
    • (1)
  • 194レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836475

作品紹介

町工場が作った洋服を、世界的に名の知れたショップに流通させられると豪語する女が現れた。雨森華蓮・26歳。海外の警察も目を光らせる彼女のもうひとつの顔、それは"万能贋作者"だった。彼女が手掛ける最新にして最大の贋作、MNC74とは何か。鎌倉の豪邸に招かれた凛田莉子を待っていたのは、不可思議にして目的不明な鑑定依頼の数々だった。莉子にとって最大のライバル現る。書き下ろし「Qシリーズ」第6弾。

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 万能贋作者との対決。
    読んでいて終始、莉子の先手先手をいく雨宮にイライラ(笑)
    感情移入型なので、邪魔してくるキャラクターにシビアになってしまいがちです。

    今までの作品のように事件が起こり謎を解くだけにとどまらず、ライバルという新たなキャラクターを持ってくるという違った切り口で良かったと思う。

  • ライバル登場。莉子がここまでやられっぱなしになったのは初めてだから新鮮だった。

  • 出だしから面白かった。
    なるほど~、こういう犯罪もあるんだ、といつものことながら感心してしまいました。
    でも、今回の犯人は女性で主人公にも挑戦的。
    今まで主人公が犯人に対してこんなに後手後手だったことはあまりないと思うのですが、今回は、主人公が軽い敗北感を味わっていて、読んでいて切ない気持ちになりました。
    切ない気持ちになるほど、このシリーズや主人公が好きだったんだなぁ、と新たな発見でした。

  • 雨森華蓮登場!キャラは面白いが謎解き的にはいまいち。

  • 華蓮は最大のライバルみたいな位置づけなのかな。
    同じく万能な雰囲気をかもしだしている、贋作者。

    途中の展開は緊張感がなさすぎて少し焦れました。

    初巻から読んでいると色々関係が変わってきていて、続きがきになります。

  • なんかすっきりしないなぁ
    そして莉子のキャラが再びよく分からなくなった…まじで?とか言うタイプなの!? 他にも今回の莉子の口調が分からないとこがあって混乱

    本編は華蓮が追い詰められるまでのテンポは悪くないんだけど
    感情移入しちゃうタイプだからか莉子の先をいく連華にただただイライラさせられた
    そしてそこからのあの早すぎる最後の展開についていけない

    華蓮にはまんまと逃げおおせてみせて欲しかったとこがあるのと
    彼女の本質が莉子の言うように善人だったのはなんか分かるけど、いい人過ぎない?ってのとでなんかすっきりしたようですっきりしない

    でも華蓮は意外と嫌いじゃないから、出来たらまた、今度は味方ないし助っ人として出てきてくれたら嬉しいかなー


    人の本質は善人だとは私も思うし、
    華蓮が莉子と出会い、彼女自身を見てもらえて変われたように、悪い方向にいってしまっても、道を正せる機会は誰にでもあるとも思うけど、
    同時に外的要因によって人はいくらでも変わり得るものであり、どんな出会いもいい方向に影響しないことだってあり得るともまた思ってしまう
    こう思ってしまうあたり、私ってばどうなのとも思うけど苦笑

  • コーラの人はもうこういう役回りしかさせて貰えないのだろうかw いつか一矢報いて欲しい。雨森華蓮が最後捕まってしまったのはちょっと残念。お金だけ押収されて、本人は逃げおおせても良かったのではないかと。今まで言うなれば凜田先生の一強状態だったから、底知れない敵というのはとても良いスパイスだった。是非再登場して、また凜田先生、ついでにコーラの人をぐぬぬと言わせて欲しい。今までのシリーズ十分面白かったけど、本書巻末の人気ランキングベスト5が軒並み未読巻なのは嬉しい。万能鑑定士Qシリーズ、底知れねぇ…。

  • 今までの6作の仲で一番楽しいと思えた作品。
    莉子と万能贋作者の雨森華蓮の対決。前半、押されっぱなしの莉子が後半、華蓮を追い込んでいく立場を変えた展開がすごい。
    小笠原と莉子の展開のない展開も見慣れた光景になってきたこの頃。最後の華蓮の行動は救われたな。もし今後、登場する機会があったら味方としてであってもらいたいです。

  • 莉子のライバルにでもなりそうな万能贋作者が登場。
    こういう展開は悪くない。

    ネタバレ。

    あのミスはありえない。
    キャラクタを使い捨ててしまう(今後どうなるかは知らないが)のも勿体無いが、あんなんだと結局雑魚であった、ということになっちゃうぞ…。

  • 謎が解ける瞬間の爽快感はいつも通り。万能贋作者との対決は双方譲らない知識の応酬で常にわくわくが続いた。最後はあっさりだった印象だけども、万能贋作者の人柄は強く印象に残った。

全194件中 1 - 10件を表示

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする