万能鑑定士Qの事件簿IX (角川文庫)

著者 :
制作 : 清原 紘 
  • KADOKAWA/角川書店
3.90
  • (164)
  • (295)
  • (191)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 2056
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836505

作品紹介・あらすじ

「これは贋作ではないか?」かつて、ルーヴル美術館で凛田莉子が『モナ・リザ』に抱いた違和感。その直感が、莉子の人生に転機をもたらす。37年ぶりに日本開催が決まった『モナ・リザ』展。そのスタッフ登用試験に選抜されたのだ!鑑定士として認められた、初めての大舞台。莉子はこれまで培ってきた全てを注いで合格を目指すが、『モナ・リザ』の謎が襲いかかる。最大の危機、到来!書き下ろし「Qシリーズ」第9弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふ~ん、都合が良いなぁ~ルーブルからのアンケートは美術館で見たモナリザの感想だった。本物には思えなかったと書いた莉子はパリに招待され、さらなるテストに合格して臨時学芸員候補になったが、東京に戻っても研修を受けねばならない。合格したのは女性2名で乃木坂の屋敷で、直感に基づく鑑定を徹底的に仕込まれ、本物のモナリザを使っての最終試験にも合格した。一方、小笠原は英国王室縁の一家の日本お忍び旅行に同伴を頼まれ、箱根でそれが偽物だと判明した。最終テストに合格した莉子は、普通の鑑定では失敗してばかり、知見が狂っているのだ。モナリザの瞳の中のLVの文字が脳神経に影響を与えたのだと考え、莉子は故郷に帰る決心をするが、小笠原は収監中の葉山華連に意見を聞き、莉子を連れ戻しに飛ぶ~モナリザの謎に挑む。簡単に知見が狂わされるのかなぁ

  • 莉子最大のピンチを救うのは・・・
    映画化もされている同シリーズ人気No1の作品。なのだが、衝撃の展開やら感動やらはあまりなかったかも。きれいにまとめられていると聞こえはいいが。だが、盛り上がるシーンがないわけではない。普段はあまり冴えないあの人が活躍。

  • 図書館で借りた本。
    万能鑑定士Qシリーズの9作目。
    今回は、東京でモナ・リザの展が開催されることになったが、フランス側から優秀な日本人の鑑定士をスタッフとして雇いたいとの要請があった。
    その適性検査を受けるため、莉子はフランスへ行くことになる。
    今回は、シリーズの中で一番面白かったので、読み終わるのが早かったな。

  • 久しぶりに万能鑑定士Qを読んだ。前回の続きがちょうど映画原作。実は映画も見に行っていたので内容は知っていましたが、それでも軽快な推理物は読んでて楽しい。
    このシリーズ読むととてつ間なく波照間島に行きたくなる。

  • 映画化作品。

    何の疑問も持たずに読んでいたけれど、振り返ってみれば確かにあんな訓練はおかしい。でもあの訓練で人の能力を奪えてしまうなんて恐ろしい。
    莉子の能力がなくなり、このシリーズちゃんと続くの?と不安になったけれど、小笠原がなんだか頼れる男になっちゃっていて、素敵です。

  • 小笠原くん、大活躍( ´ ▽ ` )ノ

    正直、トレーニングのトリックは最初から分かってしまったので、気づけ!はよ気づけ!とハラハラした…。

    前にフランスに行った時のモナリザの伏線が回収されて、スッキリした。

  • コ、コーラの人が一矢報いた!えらいこっちゃ!打ち切りエンドなの?それとも次回作にて石打ち刑で死んでしまうの?「人が死なないミステリー」初の死者になるの?スランプ時の凜田先生は『魔女の宅急便』の飛べなくなったキキ見てるみたいでちょっと痛々しかった。田舎の馬鹿娘云々の自暴自棄なくだりはちょっと可愛い。俺も凜田先生に「やだってば!」と拒絶されたい!本筋は多少ご都合主義感否めないけど、十分楽しめました。雨森トリオはよ出てこい。あとコーラの人が凜田先生迎えに行く章のタイトルが「手は届く」っていうのがなんかニクい。

  • これを実際にパリの街中やルーブルで撮影した映画なら、きっと見ごたえがありそう。
    ルーブル、モナリザと扱うテーマが大きくなる一方で、シリーズの要である莉子の鑑定眼が機能しなくなるというおもしろい展開。

  • シリーズ9までの中では一番面白かった。(ただしいきなりⅨを読んでも良さは分からないけど)

    最後の「ルーヴルが彼女をクビにしたのではない、彼女がルーヴルを見限ったのだ。」にグッときました。

  • ダヴィンチ・コードとか天使と悪魔が好きなら好きだと思う。 こうゆう美術品関係の推理小説大好き。
    小さいころからルパン3世好きだもんなー

全201件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松岡 圭祐(まつおか けいすけ)
1968年生まれの作家。1997年に出した小説デビュー作『催眠』がヒット作となりシリーズ化される。1999年の『千里眼』も人気を博し、シリーズ化。
一番著名なのは『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとした「Qシリーズ」で、「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」というキャッチコピーで人気を博し、映画化された。

万能鑑定士Qの事件簿IX (角川文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

万能鑑定士Qの事件簿IX (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする