いのちの教科書―生きる希望を育てる (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.81
  • (7)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043837014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まだまだ休校は続きます。先生方だけでなく、家庭学習で困っている親御さんにおすすめです!
     単行本の方に詳しくレビュー書きました。
     https://booklog.jp/users/lifedevelop2020/archives/1/4048838520
     角川さん、休学中の学校の先生や親を支援する意味で、重版してくれませんかね。

  • 金森俊朗実践で育つ子ども達の姿がかかれている本。
    今の、若者がこれと同じ実践をしようとすると、色々なしがらみが厳しそうだけど、でも、本当はこうやって育ててあげることができれば…という実践ばかり。

    ダボハゼから覗く民教系の実践は、泥臭く、地に足がついたものが多いけど、これを読んで、なんとなくしっくりきた。


    なぜか、知床第一ホテルの蔵書の中にあって、一晩で読んだ本。

  • 生きていくうえでいかにいろいろな命に支えられているのか、また命の大切さを改めて感じました。
    また、子どもが命について触れる機会が減っていることを考えさせられました。

  • What is the life?
    Have you thought about the life?
    This book was written by an teacher.
    If you read this book, your viewpoint for the life will change.


  • きっかけは学校の授業だったのですが、すごくおススメの一冊です。
    読みながら本文中のあっちゃこっちゃで泣きました(*ノノ)

    金森先生関連の本はどれもこれも読んで損はしないものですので、是非とも沢山の方に読んでいただきたいです。

  • 日本で初めて死の教育を実践した小学校教諭。
    友との繋がりを徹底的に植え付けるいのちの授業。
    学校,教師,親,地域ができることを提案している。
    1つ1つ考えると当然のことのようだが,
    今の教育には欠けていることかもしれない。
    大人の貧しさ,自分の考えだけを反映する教育はしたくない。
    そのためには,自分が一生懸命に生きることが大切なのである。

  • こういう先生がもっといればいいのに、と思う。でも、これからは「職業教師」がどんどん増えるのだろうな。

  • 著者は大ベテランの小学校の先生です。授業実践がすごい。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1946年石川県能登生まれ。金沢大学教育学部卒業後、小学校勤務38年間を経て、北陸学院大学教授。現在はいしかわ県民教育文化センター理事長、日本生活教育連盟全国委員。「仲間とつながりハッピーになる」という教育思想をかかげ、人と自然に直に触れ合うさまざまな実践を試みる。80年代より本格的にいのちの教育に取り組み、日本で初めて小学生へのデス・エデュケーションを実施し、大きな注目を集める。その教育思想と実践は、医療・福祉関係者からも「情操教育の最高峰」と高い評価を受けている。

「2017年 『学び合う教室 金森学級と日本の世界教育遺産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金森俊朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×