姉飼 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.41
  • (39)
  • (50)
  • (90)
  • (30)
  • (5)
本棚登録 : 461
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043838011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • きっと山奥の田舎であった話と思うとロマンがありますね。

    姉・・・飼いたい・・・

  • いまいちかな。

  • タイトルから想像される内容とは違った。まぁ、ホラー文庫から出ているのだから、当然と言えば当然なのだが・・・

    四編とも異様な世界であるのだが、個人的には「キューブ・ガール」がいいかな。この作品の世界観も怖いし、女性から見るとトンデモないものなんだろうけど。

    戦後日本のエログロが受けた時代の作品はこんな感じのが多かったのかな。

  • 「姉」や「蚊吸豚」や「脂祭」、「オゴロ芋」や「オニモン蜂」など、微妙に不気味なモチーフを使うのがうまい。

    「姉飼」は、姉という奇妙な生物を飼うという設定もさることながら、「串一本」という表現もすごかった。
    「妹の島」はグロテスクホラーのよう。

    「キューブガールズ」と「ジャングルジム」は星進一や筒井康隆にもありそうな短編だった。

  • ぎぃよええええいッ、びぃよよよええいッ!串刺しにされて、いい声で鳴く姉。しかしながらこの場合の姉は、俗に言う"あの姉"ではないのである。伸びきった黒髪、湾曲した70cmにも伸び、手足の爪を振り回し噛み付くのである。姉って何やねん!?とお思いでしょう。それが僕も分からんのです。兎に角、姉という生き物なのです。完全に意表を突かれた濃厚な異世界。淫靡で背徳的で狂った世界観。ぼかぁ嫌いじゃないですこの作品。他に3編の作品も収納されてますが僕的にはムムッて感じのコメントしか出来ません。

  • 2015年、三冊目は、何度も読み返してる作品。
    コッチの世界へのキッカケを作ってくれた作家、遠藤 徹のデビュー短編集『姉飼』。
    収録は四編。個人的、好みの(逆)順に簡単な感想を……。 キューブ・ガールズ
    基本、主人公である、若い女性の一人称視点で書かれ ている。彼女こそ、キューブ・ガールズ。キューブ・ ガールズとは……?
    妹の島
    コレは、登場人物それぞれの視点を巡りながら、話が 進んでゆく。呪詛的要素、体内に巣食う蟲、等々、収 録作の中では、最もホラー的ではある。
    ジャングル・ジム
    おそらくgymとjimをもじって、擬人化したら、の発想 から生まれた作品であろう。ラストの情景はきっ と……。
    姉飼
    「姉」を「飼」うこと、それは、監禁モノのソレとは 全く異なります。ココでは、身を滅ぼすコトも厭わな い、偏愛の形。オチを含め、話の展開自体に新鮮さは 特に感じないが、和風倒錯世界に通じるエログロ感。 個人的にその辺、大好物です。
    全体として、四編、それぞれ異なった作風であり、好 みも分かれると思う。
    ソレ以前に万民ウケする作品だとは思えないが……。
    ここまでで、★★★★☆。
    そして、ラスト、大槻ケンヂの絶妙な解説で、 ★4.5。

  • 【本の内容】
    さぞ、いい声で鳴くんだろうねぇ、君の姉は―。

    蚊吸豚による、村の繁栄を祝う脂祭りの夜。

    小学生の僕は縁日で、からだを串刺しにされ、伸び放題の髪と爪を振り回しながら凶暴にうめき叫ぶ「姉」を見る。

    どうにかして、「姉」を手に入れたい…。

    僕は烈しい執着にとりつかれてゆく。

    「選考委員への挑戦か!?」と、選考会で物議を醸した日本ホラー小説大賞受賞作「姉飼」はじめ四篇を収録した、カルトホラーの怪作短篇集。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    人間の妄想の底知れなさに打たれます。

    どうやったらこんなすさまじい小説が生まれるのでしょうか。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 楳図かずおの如きホラーなタッチで、丸尾末広を彷彿させるようなエグさもあり、かと思えば、高橋源一郎みたいな詩的な擬人化を用いるこの作品は、小説でもあり、前衛芸術の一種のようでもある。

    物語に登場するオブジェを際立たせ、それを中心にストーリーが構成されるが、このオブジェの性質により、話の色合いを自在に変えている。時に
    USBで自由に操れる性的玩具であり、串刺しの女体であり、ジャングルジムであるわけだ。そういった意味で、構成は極めて単調で、オブジェのサイドストーリーと批評で成立している。

    まあまあ、である。インターネットの評判は良いので、人それぞれ。ホラーか?と、いうと、全く怖くはなく、そこは、丸尾末広タッチのエグさという表現の方が適当な気がする。

  • 何とファンタジー。
    この人女に対してどんなコンプレックス持ってんだろうなって思いながら読んだ。

  • 私たちの常識が通じない世界に迷い込んでしまったようでした。グロさが強いけど、気味の悪さもしっかりあります。『壊れた少女を拾ったので』と差をつけたかったので★4ですがこちらもおもしろいです。

    ・姉飼
     設定が歪。シブヤが村か…とか蚊吸豚の気持ち悪さとかもう生理的な嫌悪感に訴えてきます。「姉」と名付けられた彼女たちがなんなのか。人間の欲望に恐ろしくなります。

    ・ キューブ・ガールズ
     性欲のはけ口とするだけでなく、最後は心まで…。少しずつ加速していくサディズムには表立ったグロよりも恐怖を感じました。自らの存在、アイデンティティが消えていく恐ろしさにぞわぞわします。

    ・ ジャングル・ジム
     人間に恋したジャングルジムの話。なんでこの世界のひとたちは違和感なくモノとしゃべるのか。それ自体がこわい。ジャングルジムを騙された男の比喩だと思うと…それもこわい。4作の中ではいちばん好きです。

    ・妹の島
     姉飼とタイトルが対になっているのかな。でも話に繋がりはなく、よくわからないという印象が強い。

全76件中 1 - 10件を表示

プロフィール

遠藤 徹(えんどう とおる)
1961年神戸市生まれ。同志社大学グローバル地域文化学部教授。研究テーマはプラスチック、モンスター等多岐にわたり、以下のような評論・研究書を著している。『溶解論 ―不定形のエロス―』『プラスチックの文化史 ―可塑性物質の神話学―』(ともに水声社)、『ポスト・ヒューマン・ボディーズ』(青弓社)、『ケミカル・メタモルフォーシス』(河出書房新社)、『スーパーマンの誕生 ―KKK・自警主義・優生学―』『バットマンの死 ―ポスト9.11 のアメリカ社会とスーパーヒーロー―』(ともに新評論)など。
また小説家としても活躍し、「姉飼」で第10回日本ホラー小説大賞を受賞、「麝香猫」で第35回川端康成文学賞候補となる。主な作品集に以下のものがある。『姉飼』『壊れた少女を拾ったので』『おがみむし』『戦争大臣』(以上、角川ホラー文庫)、『ネル』(早川書房)、『むかでろりん』(集英社)、『贄の王』(未知谷)など。最新刊は本書と同時刊行の『七福神戦争』(五月書房新社)。

姉飼 (角川ホラー文庫)のその他の作品

姉飼 単行本 姉飼 遠藤徹
姉飼 (角川ホラー文庫) Kindle版 姉飼 (角川ホラー文庫) 遠藤徹

遠藤徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

姉飼 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする