悪夢探偵 (角川文庫)

  • 142人登録
  • 3.05評価
    • (6)
    • (11)
    • (49)
    • (13)
    • (3)
  • 29レビュー
著者 : 塚本晋也
  • 角川書店 (2006年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043840014

悪夢探偵 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思ったよりグロくてへたりそうになりつつ読了。
    メンヘラ男子キャラはわりと好きなので、キャラ設定は好みど真ん中でした。

  • “事件解決に後ろ向きなダーク・ヒーロー”見参!
    不可解な姿で死んでいる人間が続いて見つかる。
    被害者は共に「0(ゼロ)」という人物と電話で話した後に死亡していることが分かった。
    エリート刑事・霧島慶子は他人の夢に入ることができる悪夢探偵・影沼京一に協力を要請。
    そんな中、慶子の部下・若宮が「0」と接触を図り…。

    映画が気になって、主題歌(フジファブリックが好き)が気になって、でも、怖そうなので観に行くことができず。
    書店巡りをいつものようにふらふらとしていると、あっ、文庫になってる!これなら読めるかも。
    読み始めると、すらすらと読みやすく、そして、怖い。
    途中、お風呂に入ろうと手を止めるものの、「怖い!」と大騒ぎしての入浴。
    結局、文章で頭に入れても、想像しまくってしまい、怯えるのだ。
    でも、画で観るともっと想像が色づいてリアルになるから嫌…。
    ちょっと苦手な描写あり。

    他人の夢の中に入ることのできる悪夢探偵・京一。
    探偵?これは探偵なの??と不思議に思いつつ。
    事件を解決することができる存在=探偵、ということなのでしょうか。
    「いやだいやだ」が口癖、夢の中へ入ることができるだけではなく、他人の心の声も聞こえるため、世の様々なことに嫌気がさし、関わりたくないと感じている。
    それでも、重い腰をいつの間にやら上げて、悪夢の中へ。
    お、お人好し??

    女刑事・慶子はエリート街道まっしぐらであったにも関わらず、自ら刑事部へ異動。
    今までやってきたこととは全く違う職務、緊張が続いたため、ほとんど眠れない日が初日から続く。
    慶子はとても人間らしいキャラクターではないかと思われます。

    「悪夢も恐ろしいが、現実の人間の悪意というものも果てしなく恐ろしいものだ」
    確かに。
    不思議で、少し猟奇的な部分があり、切なさも含むお話。

  • 読書期間:2/10~2/16
    思ってた以上にあっさりとしたストーリー展開で、残忍な死を扱う事件のわりには短い展開で終わってしまいました。


    なんで?こんなもん?!
    と思ってたら、あとがきでその理由が判明。


    このお話は映画の原作でした。
    っていうか、脚本も監督も出演まで・・・(゚Д゚;)!!


    同時進行だったのか、あとからだったのか、とにかく同じ塚本晋也さんって方がされたようです。
    映画制作が本業のようで、どおりでこの原作本のデキが・・・。
    たぶん映画を見たほうがよさそうです。


    で、これはノベライズではなくて、書き下ろしなのだそうです。
    (原作本を読むにあたってなるべくノベライズものは読まないようにしています。あくまで原作ってのが基本です。)


    細かい部分での描写がね・・・。
    納得できないっていうか、あいまいすぎるっていうか。
    主人公と、もう一人の中心人物との交替でのストーリー展開っていう進め方は良かったと思うんですが。



    でどういうお話かというと。
    ホラーではないんですが、ミステリとも違う。
    他人の夢に入っていけるという特殊能力を持ってるのが主人公。


    けっして探偵をしているわけではないし、それを仕事にしてるわけでもなくて、自分自身もやりたくもない危険な行為と自覚を持っているのに依頼が来るとやってしまう。
    それも解決できるというわけではなくて、ただ夢に入っていけるってこと。


    まあ、通常ではありえない設定ですな。。。
    アメリカではやってて話題を読んでるらしい4400ってのもありえなすぎるお話ですが。


    そうそう。
    これ、映画よりも作者本人も言ってるようにテレビでやるのがいいんじゃないかなって思いました。
    作者と意見が違うのは、サスペンスの2時間枠でシリーズとしてやるのがいいかなって。
    主人公演じるのは松田龍平さんで、まあ雰囲気にすごくぴったりです。
    それは納得。

    で、ストーリー展開上出てくるもう一人の中心人物が女刑事。
    これを演じるのがhitomiで、なんで??って感じだし、原作の展開も、ちょっと納得できない感じです。

    他に出てるのが大杉漣さんとか原田芳雄さんとかなのにね。
    その辺の理由も聞いてみたいですけど。


    主人公と犯人が過去にまつわる心の闇を抱えてるのに対し、彼女はいたって普通。
    なのに、主人公が彼女に感じるのは負のエネルギーだという。


    なんで???!




    もうちょっとここらへんをえぐって描かれていたら、もっとおもしろかったかと思います。
    事件に入っていくまでがあまりにも短すぎるし、入っていったあとも先が読める展開でちょっと。。。


    最後なんて、そんな終わりかたかいっ・・・!
    って、続編があれば納得しますが。

  • 怖かった
    映画はもっと怖かった

  •  大分前にWOWOWでみた映画の小説版。映画がとにかく怖かった・・・というかグロかった。原作の方が(原作ではない・・・ノベライズ)まだましだった。
     映画をみていたので、わからないところは思いだして、筋をたどった。
     とにかく暗い。悪夢だし。悪夢探偵2はDVDにおとしたが、こちらは怖すぎておとさなかったくらい。

  • 悪夢の描写は悪くないと思うんだけど、なんかものすごいノベライズ臭がするなあと思ったらその通りでした(知らずに読んだ)
    映画のノベライズなんですね。
    そう言われてみれば、確かに映像のほうが映えそうな気はする・・というか、文章がちょっと・・・だったので。
    映画の方はちょっと見てみたいかも。

  • 前に映画が結構評判になっていたようなので購入しました。悪夢へと入り込む時の不安や恐怖が伝わってくる感じが個人的には好きでした。
    ただ、登場人物の背景がイマイチ描かれていないような気がするので、ちょっと消化不良気味でした。

  • ダークなパプリカ。

  • 影沼京一=松田龍平 雨合羽 ああ、いやだ、いやだ、いやだ。 霧島慶子=hitomi 東京大学法学部 スポーツクラブ キャリア 関谷 若宮=安藤政信 0 ダストシュートで死んだ妹 タッチ 包丁 じぶんの持てる力を全部使って、もっと上に行こうとするところがいい 水の向こうから首を締めてくる母親 少女の願望 江戸川乱歩 夜行人間 芋虫

  • 設定がしっくりこなかったんだけど、悪夢の描写の恐怖度は満点

全29件中 1 - 10件を表示

悪夢探偵 (角川文庫)のその他の作品

悪夢探偵 角川文庫 Kindle版 悪夢探偵 角川文庫 塚本晋也

塚本晋也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする