謀略銀行 (角川文庫)

著者 : 大塚将司
  • 角川書店 (2007年3月発売)
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043846016

謀略銀行 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東條側からの視点でも小説になりそう。最後急ぎすぎ。

  • 思って退場に骨太な作品でした。盛り上がりは少なく淡々と進んで行きますが、非常に生々しくまるでノンフィクションっぽい仕上がりに。どっかの銀行で実際にありそうな話しです。

  • 1986年に旧住友銀行(文中では加山銀行)に吸収合併された平和相互銀行(東都相互銀行)がモデル。
    平和相互銀行内部での四人組と平和相互銀行の創業者の息子との対立を描いたノンフィクションのようなフィクション作品。
    政界、財界に隠された陰謀が沸々と…

    作者は、日本経済新聞の元記者。
    日本経済新聞のワンマン社長による新聞社私物化を内部告発し、懲戒解雇。
    その後ジャーナリスト(おそらくフリー)へ転身。
    かなり面白い作品です。

全5件中 1 - 5件を表示

謀略銀行 (角川文庫)のその他の作品

謀略銀行 (角川文庫) Kindle版 謀略銀行 (角川文庫) 大塚将司
謀略銀行 単行本 謀略銀行 大塚将司

大塚将司の作品

謀略銀行 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする