フライ,ダディ,フライ (角川文庫 か 50-3)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.06
  • (343)
  • (342)
  • (201)
  • (32)
  • (9)
本棚登録 : 2638
感想 : 282
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043852031

作品紹介・あらすじ

鈴木一、47歳。いたって平凡なサラリーマン。ただし家族を守るためならスーパーマンになれるはずだった。そう信じていた。あの日が訪れるまでは-。一人娘を不良高校生に傷つけられ、刃物を手に復讐に向かった先で鈴木さんが出会ったのは-ザ・ゾンビーズの面々だった!脆くも崩れてしまった世界の中ではたして鈴木さんは大切なものを取り戻せるのか。ひと夏の冒険譚がいま始まりを告げる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 金城さんの作品はこれで二作目。堤真一さんとV6の岡田君主演で、映画化もされてます。面白かった記憶があったので、原作も読んでみたくなり古本屋買い。

    平凡な47歳のサラリーマンが、傷つけられた娘のために、強くなろうと不良高校生に弟子入りするお話。とても分かりやすい展開ですが、その分かりやすさがいいですね。「これぞエンターテイメント」といった小説です。

    かつて観た映画も、ほぼ原作どおりでした。バスのシーンとか、決闘のシーンとか、読んだ文章が映像で浮かび上がり、楽しんで読むことができました。

  • 娘を傷つけられた父親が復讐に燃える物語。
    ザ・ゾンビーズのみんながとてもいい味を出しています。
    この本を読んで、「もし自分が何かを望むのなら それに向かって努力をしなければならない」と思いました。
    すぐにあきらめるのではなく、目標を達成させるために、それだけの努力が何でも必要だと感じました。
    とても面白く、読みやすい本なので学生さんにもおすすめのザ・ゾンビーズ シリーズでした。

  • 鈴木さん同じ歳です。
    頑張らねば。

  • 逃げたしたくなるときに読む本。
    読んだ後は体中から力が溢れてきて、やってやる!と思える。

    舜臣たちザ・ゾンビーズの前に現れたのは、包丁を手にしたサラリーマンの男性、鈴木さん。
    娘を襲った理不尽と闘うために一ヶ月半のトレーニングを行って、力をつける。
    果たして、鈴木さんの運命は…?
    そんなお話。

    自分が傷つきたくないと思っているうちは、闘う資格なんてないし、すぐ楽な方へ逃げようとする。
    本当に手にしたいものがあるなら、正々堂々と闘って掴みとれ!
    そうやって、鼓舞してくれる一冊。
    さあ、いっちょ闘いますか!

  • 普通のサラリーマンだった鈴木一の人生は娘が暴力事件の被害者になったことで一変。相手は高校生のボクシングチャンピオン。復讐しようと出かけた先で不思議な高校生たちに出会い、身体を鍛えて1ヶ月後に勝負を挑むことに。
    喧嘩にやたらめったら強い朴舜臣や、他にも魅力的で少し変わった高校生たちがこんなおじさんのために一生懸命になって最後は勝負のために学校を乗っ取るようなことまでしてしまうのがアホらしいけど素敵な話だ。娘を殴った相手をボコボコにしたってなんにもならないけど、それでも居ても立っても居られなかったんだろうなぁ。
    トレーニングの帰りにいつもバスと競争してるシーンが好きでした。続きが気になって一気に読んでしまいました。読んだ後すごくスッキリします。

  • 強い男とは、ヒーローとは、娘の父親であることとは。

    暴力をふるわれ、高校生の娘を傷つけられたさえない父親が、喧嘩の達人の高校生と、真っ当に戦うために特訓に明け暮れるひと夏の物語。

    大怪我をした娘のために怒れなかった、戦ってやれなかった無力さを感じるおじさん。
    誰だってそうなる。しょうがない。

    でもそこで終わらなかった。おっさんが、喧嘩の特訓のために、ひと夏仕事を休むとき、同期の上司に語った娘への思いが、不器用でまっすぐでじんときた。

    喧嘩の達人、舜臣との絆が深まっていくのもいい。
    師匠と弟子の関係だけど、特訓のお礼にスニーカーを買ってあげるところ。この照れくさいやらなんやらで落ち着かない舜臣が、ちゃんと高校生なんだなぁってわかって愛おしい。
    絶対口にはしないけれど、「男の子もほしかった」と、舜臣を見て思うおっさんもいい。


  • 4.7
    話がシンプルで分かりやすいし、ハッピーエンドだから読後感も良い。
    18年ぶりくらいに読んだけどやっぱり好きな作品だった。

  • 男の友情いい!

  • 考えず感じろ

  • 2008.3.9
    窪塚主演の「Go」とか書いてる作家。REVOLUTION No.3シリーズ。
    ボクサーに暴力を振るわれた娘のためにその高校生メンバーにパパが特訓を受けて戦いを挑み、
    勝利する話。相変わらずテンポがよくてよい。
    堤真一と岡田君主演で映画化もされている。

全282件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年埼玉生まれ。慶應義塾大学法学部卒。1988年「レヴォリューションNo.3」で第66回小説現代」新人賞を受賞。2000年『GO』で第123回直木賞を受賞。

「2020年 『映画篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金城一紀の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×