約束 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.46
  • (262)
  • (432)
  • (822)
  • (117)
  • (33)
本棚登録 : 4043
レビュー : 421
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043854011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これも短編集~

    感動系の話集めた本なんだけどね…
    これがまた泣けるんだよねぇ…

    あたしはタイトルにもなってる
    「約束」
    が1番好きだなぁ

    友情っていいなぁ

  • さまざまな人の生活が動く一瞬をとらえた、短編集。

    それぞれの人の気持ちの描写が丁寧で、感情移入ができる。人物像がいきいきと想像でき、身近な世界で起こっていることのよう。
    人物像が多彩なので、誰かしらに共感できる感じかも。読みやすい。
    とくに、池田小の事件をもとに書かれた冒頭の話が重くて、ぐいぐい引き込まれる。

    最後が明るい方向に動き出すので、すこしあったかい気持ちになれる。いい余韻を残してくれる小説。

  • 短編小説です。最初の一章だけが秀逸です。あとはただの付け加えのようなダラダラした小説。あの一章でもう元は取れるぐらい面白いのに、なぜ短編でいろいろ付け足すのか?
    僕が短編小説に偏見をもってしまった思い出の一冊。

    「わかった。ぼくは生きてるから、生きるよ」

  • 全7粒の清涼剤。
    ひとつひとつの短編が「生きる」ことに対する温かい思いがあふれている。
    石田氏の短編集に共通する体温が、本作でも感じられる。

    何かとギスギスした今の世の中だからこそ、読みたい一冊。

  • 辛い出来事から立ち止まり下を向いていた人たちが、
    光の方向に向かって再び歩き出す物語。

    亡くなった人の想いが温かい。
    突然の凶行に倒れた友からの言葉。
    お父さんから急性の失聴症になった息子への電話。
    それから、難病にかかった孫に、おじいさんの遺した「石」。
    最後のお話が一番泣けただろうか。
    突然の死に嘆き悲しんでも、遺された人はそれでも生きていく。
    私も、こんな風に、誰かを想って死ぬことができるんだろうか。

    石田衣良さん、初めて読んだのですが、最近よく聞く名前だし、なんとなく若い女性かと思ってた。
    50歳の男性だったとは!いや、びっくり!

  • これは泣ける。

  • こんな本を探してた!!
    いつ何が起こるか分からない人生。どんなことがあっても周りにいてくれる人達に感謝して、一歩ずつ前向きに生きていこう。そう思える感動の一冊です。

  • 2011/10/29読了

    感動だ、とか、泣ける、だとか、そんな言葉では表せないくらい、心に沁みる話ばかりでした。久しぶりだ。こんなに胸に来る物語を読んだのは。
    生と死や、幸せと苦しみ、そういうものは本当に両極端だけれど、表裏一体。すぐそこにある気さえする。
    それをどう受け入れていくか、愛することが出来るか。
    ・・・とりあえず読んで欲しい。現に今とても泣き出しそうな私がここにいるのだから。

    『約束』
    最初から引き込まれた。彼らは一生友達なのだろう。
    『青いエグジット』
    再生の物語。青の世界は憧れます。
    『天国のベル』
    不思議なことは現実にも起こるのだと思う。夫は家族を愛していたのだ。
    『冬のライダー』
    こういう大人気ない大人も嫌いじゃない。
    『夕日へ続く道』
    ありえない出会いが、たまに人を幸せにするんだ。
    『ひとり桜』
    男性はどちらも優しい。幸せの再発見を見た。
    『ハートストーン』
    おじいちゃんの最期の台詞が・・・一番感動してしまいました。こうして命は繋がっていくのだろう。

    一応一口感想は書いたけれど、本当はこんなものではない。思うところはたくさんあるし、感じたことも心に沁みることももっとある。
    実際に読んでみて欲しい。きっとわかるから。

  • 7編からなる短編小説でした。
    この本は辛いことから立ち直ることがテーマになっています。
    すべての短編がとてもよくできていて、どれもとても心に響きました。
    特に最初の「約束」は池田小学校事件を思って書かれた作品です。
    短編とは思えないしっかりした作品ばかりでした。
    この本は大事に持っていて、なにか悩みなどがあれば読み返したいと思います。

  • 池田小事件に巻き込まれた子どもたちに、
    エールと鎮魂の思いを込めて「約束」は生まれた。
    人は、様々な喪失によって、時間をとめてしまうことがある。
    だけど、何かと出会い、立ち上がるのも人生。凹んでも留まるな。
    まとめると『傷ついて 希望が見えず 留まるも 
    また歩き進める 人の強さよ』といったところでしょうか?

全421件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

約束 (角川文庫)のその他の作品

約束 (角川文庫) Kindle版 約束 (角川文庫) 石田衣良
約束 単行本 約束 石田衣良
約束 (PIANISSIMO COMICS) コミック 約束 (PIANISSIMO COMICS) 石田衣良

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする