美丘 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.65
  • (440)
  • (625)
  • (616)
  • (192)
  • (35)
本棚登録 : 5487
レビュー : 632
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043854028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界の真ん中で何かをするやつのパクリなのか二匹目のどぜうなのかオマージュなのか…

    ま、よくある話ですよ

    とりあえず、僕は最後の展開になるような返事はしないと思う
    ってか、これ系の話に対しては、だれか水をぶっ掛けて熱を冷ましてやる奴はいないのかよと思ってしまう

    とか言いつつ、泣いたけどね・・・

  • 男性作家の恋愛小説と女性作家の恋愛小説は、
    何だか根本的に違う感じがする。

    大学生活に突如乱入した美丘と翻弄されるメンバー。

    筋書きは読めているけど、
    こんな展開には涙が必要なんだよな。

  • それほど可愛くも素敵にも感じられなかった美丘が、後半から(発症してから)とても健気で可愛く思えてくる。
    後半からの美丘の気持ち・心情を考えると泣かされる。

  • ドラマの影響で読みました。純愛ものですね。

  • たまたま読みたい本が途切れて、誰かに貰ったのを思い出して読む。こーゆー悲しい恋愛ものは向いていない。電車の中で鼻がツンとしてしまった

  • 個人的に好きなラスト

  • ドラマ化のときはジャケット買いならぬ、ジャケットパスしてしまいしたが、
    和田裕美さんのpodcast聞いて決意。

    アドラー心理学に基づいてるって話だったけど、そこまでではないと思う。
    ドラマの方がその傾向が強いのか?

    内容は、いい話。ちと泣ける。

    テーマは「今を一生懸命生きる!」ってことでしょうか?
    割と好きな類の本です。

    最近、プライベートではストレスたまり気味ですが、
    なんとなく癒された一冊です。

  • やはりよかったです。すてきな小説でした。

    難病モノと思って、ずっと手に取らずにいた本ですが、石田衣良さん好きの私としてはやっぱり読んでみてよかったです。

    もちろん悲しいし切ないのだけれど、あたたかさや光すらもかんじられるほど、ただただ「可哀そう」なお話ではないです。

    火のついた導火線。。
    私も、いのちあるこの毎日を、いつでも自分らしくキラキラ生きていけたらいいな。臆することなくためらうことなく。
    まずは手始めに、ピアノを再開しようかな。。。

  • 石田衣良さん初読みです。はあ、闘病物は読んでてつらい。それだけ心を揺さぶるからだろうけど、感動というよりやるせないですねー。今この一瞬を生きる、命を燃やして生きようとする美丘を前半部分で生きいきと描いたうえでの発病ですから、もうかなり感情移入しちゃってるわけですよ。最初は、「これは石田衣良のセカチューに対するアンチテーゼか?」とか「美丘ってノルウェイの森の緑みたいだな」「嵐が丘も入ってる?」なんて批評家目線で読んでたけど、途中からもう心が苦しくて苦しくて。

  • 最後のシーンは、読み終わっても涙が止まらなかった。

    自分が太一だったら、どんな行動をしたかな、と思った。

全632件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

美丘 (角川文庫)のその他の作品

美丘 (角川文庫) Kindle版 美丘 (角川文庫) 石田衣良
美丘 単行本 美丘 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする