美丘 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.65
  • (440)
  • (625)
  • (616)
  • (192)
  • (35)
本棚登録 : 5488
レビュー : 632
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043854028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本来なら必要なかったものが、これからはどんどん削られていく。でも、最後に裸になったわたしが残るはず…そのときのわたしは、どんな人なんだろう。

  • 言葉が出なくてしばらくぼーっとしてしまった。この本には生きることの素晴らしさや今を全力でいきることの大切さ、当たり前のような感想しか紡げないけど教えてもらった気がする。心が重たくてどうして美丘を助けられないんだろうって太一になったような気分でページをめくり続けた。石田衣良さんの作品は登場人物がほんとにだれもが魅力的で素敵で幸せになってほしい、とかこの気持ちがわかる、という共感を生む文章表現が巧みだと思う。読みやすいし。 ここ最近で一番胸を打たれた。 永遠なんていらない、そう思ってもっと人生に向き合えたらって思った

  • 石田衣良作品の登場人物は皆感受性豊かだと思う。そして本気で恋をする。その登場人物が見ること、聞くこと、感じることに読者は共感し感動する。そんな不思議な体験ができる作品が多いと思う。今回ヒロインの最後は明らかに明示して話は進んだ。言ってみればオチを述べてから話を進めている。小説は話の最後までの流れが面白いし読者の予想と裏切られたらまたそこで面白味が出ると思うがあえてどういう流れで小説を進めるのか言ってしまい、さらにそこから感動を産むという、作者の腕を見せつけられた作品だと思う。

  • 恋愛小説なんだけど途中から胸が苦しくなってくる。
    基本あまり恋愛系は好まないけど、これは最後まで主人公の心情がどれほど辛いかと思ってしまう。
    初めて本で泣いた作品です。

  • 再読。
    愛し合った女の子が難病になってっていう、ありがちぽいラブストーリー。語り手のおなじような過去形の文章がくどいなと思ったりもしたけど、泣けたー。身体機能が徐々に失われていって、自分が自分じゃなくなるようなのって本人も周りも相当つらい。

  • 夏が終われば、秋がくる。
    それは単純な事実かもしれない。だが、熱帯のような夏の日ざしに打たれている最中、誰がこの夏がすぎ、つぎの季節がやってくることを信じられるだろうか。今の、この瞬間は永遠に続く。乱れた胸の鼓動も、伸ばした指先も、大切な人がむけてくれるやわらかな笑顔も、明日だってきっと続くのだ。ぼくたちは周囲にあるすべてが変わらないままだと仮定して、なんとか不確かな命を今日につなぎとめている。

  • 5年ほど前にテレビドラマでやった作品、福山の蛍が脳内再生する。イメージは吉高とはちょっと違う。
    美丘と太一の会話や絡みがドラマチック。心に響くラブストーリー。

  • んー、別に泣けなかったなぁ。

  • 2017.412


    悲しくなったら、寂しくなったら、一人に不安になったら、必ず読んでしまうのが美丘です。

    何度読んでも好きだし、大切。
    今回は以前読んだ時とは少し違った。私もゆっくりだけれど、成長しているのかな。

    美丘はこれからも読み続けるんだろうな。
    これからも手元に置き続けるんだろうな。

  • 美丘、その人物像が私の好みで何度かこの本を読みました。
    人生を全力で楽しむ!そういったところに共感しました。

全632件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

美丘 (角川文庫)のその他の作品

美丘 (角川文庫) Kindle版 美丘 (角川文庫) 石田衣良
美丘 単行本 美丘 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする