美丘 (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.65
  • (440)
  • (625)
  • (616)
  • (192)
  • (35)
本棚登録 : 5489
レビュー : 632
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043854028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。随分前にドラマ化された小説らしい。ドラマは見ていない。クロイツフェルト・ヤコブ病に侵された女の子を見守る彼氏の話。小説は男の子の回想て話は進む。病気が主題の話は読んでいてつらい。若い時にこんな経験をしたら、この先この男の子はどうなるだろうか?と思ってしまう。当たり前に明日があるわけじゃないということを考えさせられた。

  • 美丘。石田衣良さんの不朽の名作。私は小説を読んで泣くことは基本的にはないのだが、自然と涙が溢れてきてしまった。
    私は、人間ははある程度遊ぶことに慣れていくにつれて、純愛を経験することに対してもはや難しいのではないか、もしくは純愛を求めることが出来ない精神を持つようになるのが真理なのではないか、という風に考えるようになっていた。そのような中で、主人公の太一に感情移入してしまったのだろう。
    悲劇のヒロインでありながら、それをおくびにも出さずに強く振舞い生きた美丘と、それにより自分を根本から見つめ直し、本気で人を愛した太一。恐らく私はその両方に惹かれていたんだと思う。
    設定自体は単純化されていて理解しやすく、情景描写は非常に繊細かつ丁寧で、特に季節が進むにつれて頭の中でも独特な表現技法がシミュレートできるようになっていくという、読むにつれて世界観どころか石田衣良さんと共感できるようなそんな不思議な文章であった。

  • 不治の病にかかる美丘と、太一の大学生の恋愛もの。

    とても悲しいが、短くも濃い時間を二人で過ごす話で、よくあるパターンかもしれないが、こういうのには弱いので良かった。恋愛ものを読みたい人にはオススメかも。

    でも、内容を知った上でもう一度読みたいかと言われると、多分読まないので★4つで!

  • 大学時代に美丘みたいな子と出会いたかった

    美丘、好きや

  • よくある展開なのに、号泣

  • 恋人が難病になってしまうという切ない恋愛のお話です。美丘が可愛すぎて読みながら恋しそうになります。結末は想像できるのですが、そこに至るまで美丘と太一がものすごく幸せでステキな時間を過ごしているんだと感じました。
    ドラマ化もされてるみたいで、動画で見てみたら、美丘役を吉高由里子がやってました。最初は、どうかなぁと思いましたがそれはそれでありだなと思って最後まで見ました。テレビは、原作に比べてだいぶマイルドな感じです。小説の方が良かったのですが、ドラマもそこそこいいなと思いました。

  • 切ない恋愛小説が読みたくて選んだ本作。
    切ない。切なすぎる。だけど、幸せが溢れている作品。
    あらすじは知っていたので、重い内容だと心構えをして読んだけれど、始終優しく温かい雰囲気に包まれていた。それは悲劇のヒロインであるはずの美丘が、そうは感じさせない程真っ直ぐで、強くて、ユニークだったからだと思う。

    こんな素敵な恋に出会いたいと思える、純粋な恋愛小説。

  • 週末に一気読み。最初は、よくある大学生の恋愛もつれかと思っていたが、途中から『あれっ?あれっ?』て感じに話は進む。あんな約束頼まれたときに自分はできるのか?なんとなく似た感じの境遇になった事があったので、自然に目がうるうるしてしまいました。オススメ。

  • 久しぶりに号泣。
    クロイツフェルト=ヤコブ病という爆弾を抱えて生きている美丘。
    人生に限りがあることを実感しながら生きることはとても苦しいと思うけど、凝縮され、充実した、濃厚な一生となると思う。
    生き方について考えさせられた。
    ーーー
    美丘、きみは流れ星のように自分を削り輝き続けた……平凡な大学生活を送っていた太一の前に突然現れた問題児。大学の準ミスとつきあっていた太一は、強烈な個性と奔放な行動力をもつ美丘に急速に魅かれていく。だが障害を乗り越え結ばれたとき、太一は衝撃の事実を告げられる。彼女は治療法も特効薬もない病に冒されていたのだ。魂を燃やし尽くす気高い恋人たちを描いた涙のラブ・ストーリー。

  • 希望と勇気に満ち溢れた声。
    あともう一歩、先の世界まで、私たちを連れて行ってくれる。活字の中だけにある、豊かな孤独の世界へ。目覚めたまま、この物語の続きを夢見ていたい

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

美丘 (角川文庫)のその他の作品

美丘 (角川文庫) Kindle版 美丘 (角川文庫) 石田衣良
美丘 単行本 美丘 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする