ひと粒の宇宙 (角川文庫)

  • KADOKAWA
2.90
  • (7)
  • (18)
  • (42)
  • (22)
  • (10)
本棚登録 : 467
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043854042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙とタイトルに惹かれて手に取ったけど、私が期待した内容ではなかった。
    最後の吉田篤弘の「曇ったレンズの磨き方」はよかった。

  • 短いお話が30篇。
    ひと粒ずつ宇宙に散りばめられた1冊。
    好みのお話は少なかったけど、色々な作家さんのお話を少しずつ読めて面白かった。

    いしいしんじ「ミケーネ」、大岡玲「ピクニック」、吉田篤弘「曇ったレンズの磨き方」がよかった。

  • 101

  • 全体的にあまり質がいいとは思えない。
    つまらないのは読み飛ばして、読んだのが5,6くらい。

  • 2011/02/05読了

    詳細なレビューは再読後に。
    こういうアンソロジーかつ短編は、作者の性格や作風がよくわかる。

  • 一度も読んだことのない作家の作品を気軽に読めるのは良かった。吉田篤弘氏のが一番好き。

  • 短編集って手軽に楽しめて、移動中なんかは区切りが良いから重宝するんだけど、作家が色々集まって作られたオムニバス的なものは苦手な事に気付いた。作風も書き方も違う作品ばかり並べられて次々読んでたら、読了する頃には最初の話なんかすっぽり頭から抜け落ちてる。私の記憶力が悪いのか、作品との相性が悪いのかは判らないけど、短編集は短編集でも一人の作家が出してる短編集の方が好きです。

  • こういう、いろんな人のを集めた本は、いつもなんだかぼやけた印象で、あんまり買わないようにしようと思っているのに、何年かにいちど、買ってしまう。
    今回も、同じ印象。残念ながら。

著者プロフィール

作家・東京経済大学教授

「2015年 『たすけて、おとうさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡玲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
石田 衣良
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする