ひと粒の宇宙 (角川文庫)

  • KADOKAWA
2.90
  • (7)
  • (18)
  • (42)
  • (22)
  • (10)
本棚登録 : 467
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043854042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。
    多くの作家さんの中でも一握りの30人だが、その作品は広大で、まさにタイトル通り「ひと粒の宇宙」といった感じ。しかし、広大過ぎて(笑)自分にヒットするのは、最初のいしいしんじさんの作品と最後の吉田篤弘さんの作品だけだった。でも、100人が読めば100通りの捉え方があるだろう。広大な宇宙のひと粒の星を見つけに読んでみてください。

  • 30作品を著者名順に並べてあります。
    「え、その後どうなるん?」という話や、さっぱり狙いがわからない話も結構多いのですが、待合本にはちょうどよかったですね。

    カバーデザイン / 國枝 達也(角川書店装丁室)
    初出 / 『極上掌篇小説』改題

  • 可もなく不可もなし的な小粒な作品ばかりだった印象だが、いしいしんじ、大岡玲、車谷長吉、嶽本野ばら、筒井康隆、西村賢太、又吉栄喜はよかった。いしいしんじと大岡玲の作品以外は再読だったんだけど。一番好きなのはやはり西村賢太の作品かなぁ。

  • 宇宙とかSF的な話なのかと思って読んだら全く関係なかった‥。最初のいしいしんじが良かったのと短いのとで全部読んだけど。

  • 内容がどうということはないほど短い作品たち。

    名前の順だったことが何より印象的でした。

  • 短編が全部で30作入っている。おっと思うともう終わってしまう短いモノばかりだけど、それでも作家の特徴は出てくる。
    一番短いのは見開き1ページだけど、それでもひとつの作品として十分な長さである。

  • 中でも平野啓一郎さん「義足」と 重松清さん「それでいい」がよかった。
    「義足」は凄いなぁ、の一言。
    「それでいい」は、日本サラリーマンのお父さんの哀愁というか。これってあるよなぁ、と。

  •  読むの、すごく時間がかかった! 1つ1つのおはなしはどれもとても短くて5ページくらいで終わるけど、短いおはなしを一気にたくさん読むというのは結構疲れることなんですね。

  • いろいろな人の作品が読めるのが楽しい。

  • ホントに短いのがズラリ。高橋三千綱、高橋源一郎のが良かった。佐伯一麦も。

著者プロフィール

作家・東京経済大学教授

「2015年 『たすけて、おとうさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡玲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする