殺人鬼 ‐‐覚醒篇 (角川文庫 あ 45-5)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.22
  • (48)
  • (162)
  • (198)
  • (86)
  • (28)
本棚登録 : 2233
感想 : 172
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043855056

作品紹介・あらすじ

伝説の傑作『殺人鬼』、降臨!!'90年代のある夏。双葉山に集った"TCメンバーズ"の一行は、突如出現したそれの手によって次々と惨殺されてゆく。血しぶきが夜を濡らし、引き裂かれた肉の華が咲き乱れる…いつ果てるとも知れぬ地獄の饗宴。だが、この恐怖に幻惑されてはいけない。作家の仕掛けた空前絶後の罠が、惨劇の裏側で読者を待ち受けているのだ。-グルーヴ感に満ちた文体で描かれる最恐・最驚のホラー&ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジェイソンや!(13日の金曜日)
    ブギーマンや!(ハロウィン)
    スプラッターや!
    ほんまに、問答無用で殺されるやん。
    それも、「痛い!痛い!痛い!」ってやり方で…
    手、足千切られて…最後は…◯◯◯千切られる…(−_−;)
    何か殺人鬼の正体とか以前にエグいわ。
    普段から、猟奇殺人系の読みまくってるとはいえ…^^;
    何かミステリー要素もあったらしい。伏線があったと、人は言う…
    私の中では、手とか足とか頭とかが、飛び交うだけにしか見えなかった…
    もう一回読もか!
    いやいや、逆襲篇(続編)が待ってるから、ムリ!
    …間髪入れずに、こんなの読むか(⌒-⌒; )

  • 和製ジェイソン。死亡フラグの立った人物を、期待を裏切らずに殺害する。スプラッタ作品です。
    もちろん嫌いでは無いので作品としては楽しめたのだが、もうお腹いっぱいです。
    と言いつつ、続編おかわりしました。

  • 痛い、痛い、痛い、痛いッッ!!
    エグいわッッ!!(°∀°)ヒィィィィ

    もう笑うしかない笑ꉂ(ˊᗜˋ*)
    綾辻行人、本人も『残酷描写という点ではそこまでたいそうな代物でもない気がする。』と言っているが…
    だいぶグロいよ!何言ってんの?と
    ツッコミを入れるほどに残虐きわまりない
    描写の数々…に絶叫すること間違いなし!(ჱ̒⸝⸝•̀֊•́⸝⸝)

    TCメンバーズ一行が合宿するために
    双葉山に赴くのだが、、、、、(; -᷅ ̫̈-᷄ )ゴリランコ

    まるでジェイソンを見ているような感覚なのだが
    ジェイソンより酷い…(;´༎ຶД༎ຶ`)
    ジェイソンが良心的に思えてきた。笑笑
    残虐!残虐!残虐!
    正直これは人を選ぶかも……
    僕はというと痛い、痛い、痛い、と言いながら
    笑ってた。笑 狂ってきたかもしれん!笑笑

    そして本作にはある仕掛けが施されており
    冒頭のはしがきで『勘の鋭い読者ならばおそらく、随所に何かしらの違和感を覚えられるに違いない。』と若干…いや、中々の煽り文句がある
    そらぁ〜火が着きますよね!
    やったるぞと!
    しかし終わってみると…わからなかった…
    マジか!?やられたーーーーー!!
    といつもなら言いたくなるのだが
    一切!ならん!!
    なるわけないやん!!
    それどころじゃあねーつっーの!!笑
    あんな激しいグロ描写を読みつつ
    違和感どころじゃあーねーつっーの!!笑
    無理やろ!笑
    まあ〜でもミステリー作家らしい仕掛けだったので思わず苦笑いしたのだかね!
    きっちり楽しんで読むことができた!
    面白かったです!!٩(๑ᵒ̴̶̷͈̀ ᗜ ᵒ̴̶̷͈́)و ̑̑ ✧わぁ~ぃ


  • どうなるかなと読み進めてましたが、終始スプラッター。
    ラストの驚きはしっかり作ってくれましたが、ほぼほぼグロ描写…

  • ヤバい話ですねー
    描写も残酷でグロくて、思わず文字なのに目を背けてしまいましたーー
    最後はよくわからなくなり混乱

  • めちゃめちゃグロかったです。
    私は館シリーズが1番好きなのですが、途中、綾辻行人作品だよね?と思ったほどグロい。
    ただ、トリックに引っかからないよう、メモや、意味ありげなセリフなどを記憶しつつ、スプラッタな表現を顔を歪めながら読み進めました。
    スプラッタ趣味なんですね。
    ジェイソンもフレディも大好きなので、途中までは13金をイメージしながら読みました。
    ラストは、このままホラーだけでは終わらない所がさすがです。
    綾辻さんの少し謎めいた嗜好のミステリーがホント好きです。
    逆襲編も楽しみです。

  • 普通のグロ系の殺人ホラーかと思ったら、トリックのある話やった。
    なんか登場人物の名前とか服とかおかしいなーとずっと違和感あったけど、全員双子でそれぞれ話が別々に別れてて進行してたとは!
    トリック分かってもちょっと分かりにくかった。

    殺し方はまあグロい系だけど、別に普通だったが逆さに吊られて、自分の腸を食べさすシーンが良かった!!笑
    こんなグロシーン、映画でも見たことないし「うわー」と思えて良かった!!!

  • 殺す、殺す&殺すの連続。

    グロい表現との噂で敬遠していたのですが続きが気になり即読了。オチまで読んで再読したいとも思いました。

    綾辻先生の入門にはおすすめしません、館シリーズ、囁きシリーズ等の後にお楽しみください。

  • とにかくグロデスク。
     
    この作品の肝である、何かの条件をずっと考えていたが、ツインというのは予想できなかった。

    予想もできないトリックと自分が追われているような感覚に陥るスピード感。殺人方程式を思い出す。

    グロさは一級だが、そのグロさが頭を支配してしまい、面白いと思う感覚が奪われてしまった。

  • 単なるスプラッタホラーで終わらないところが綾辻さん。とは言えミステリ的な仕掛けはオマケ。ジェイソンも真っ青?ただただ凄まじい殺戮描写が衝撃的。何でそこまで…というのは、あとがきで少し納得できます。

全172件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年京都市生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院博士後期課程修了。87年、大学院在学中に『十角館の殺人』でデビュー、新本格ミステリ・ムーヴメントの契機となる。92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。2009年発表の『Another』は本格ミステリとホラーを融合した傑作として絶賛を浴び、TVアニメーション、実写映画のW映像化も好評を博した。他に『Another エピソードS』『霧越邸殺人事件』『深泥丘奇談』など著書多数。18年度、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。

「2023年 『Another 2001(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾辻行人の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×