山田太郎ものがたり たのしいびんぼう

  • 角川書店
3.16
  • (7)
  • (3)
  • (14)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 80
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043859016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漫画「山田太郎ものがたり」の小説版。
    漫画では描かれていないエピソードになっていて、読み応えがある。
    またキャラクターの描写は漫画と変わらないので、話に入りやすいと思う。
    短編エピソード集になっていて、主人公の活躍を隅々まで堪能出来る作品。
    相変わらずの貧乏っぷりも面白い。

  • 原作に負けず劣らず、文章でも山田家のドタバタは楽しく描かれてました。
    原作の読者を前提に描かれている印象があるので、
    単体では少し読みづらいかもしれませんね。

  • 好きだった例の方々がドラマ化するというので読んだ。小学生だったから。

  • 成績優秀、眉目秀麗、スポーツ万能な山田太郎の唯一の欠点は貧乏なこと。全国を放浪したまま帰ってこない父と、お嬢さま育ちで金銭感覚のない母、そのうえ食べ盛り伸び盛りの弟妹を抱え、太郎は今日もアルバイト&倹約生活ざんまい。そんなある日、長女のよし子が通りすがりの老人になぞの荷物をおしつけられ…!?愛い感動のビンボー・ストーリー小説版「山田太郎ものがたり」!!読んで泣いて笑ってください。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

岡山県出身。4月28日生まれ。おうし座。O型。1993年に「月刊Asuka」より『11年目の女神』でデビュー。代表作は、『山田太郎ものがたり』『あひるの王子様』『極楽 青春ホッケー部』『僕と彼女の×××』など。

「2016年 『彼はアイドル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森永あいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏川 草介
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×