カミブログ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.69
  • (17)
  • (10)
  • (34)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :143
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043862016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白すぎ。

  • 人生の何の為にもならない本ですが、吉井和哉の人間性を知るには最適な本です。もし少しでも感動していただけたなら、あなたにはきっと素敵な未来が、訪れるはずです。何故って?それは今も、僕の人生がとても素敵なものだからです(←ハリウッド映画風)。さぁ、読んでください!たまに神がかってるよー。 故郷に錦野旦 錦織圭 荻窪にある楽器屋 恋人を攫った悪代官の顔をキャッシュで引っ叩き ファイヤーバード 太陽の神''アポロン'' 向日葵の花言葉は愛慕 梔子の花言葉は私は幸せ(涙) 野性の証明 実らない恋ほど綺麗に思えるから不思議 いいバンドとはいい女と同じである 霧のロンドン 独特なニオイ ヒースロー空港 脳味噌のノスタルジー室のスイッチをONにしてくれます 子門真人 SICKSのモード 真っ白な薔薇 WhiteRoom いやー助かっ棚 レインボーマン 死ね死ぬ団 反日組織 「火の鳥」の猿田彦状態 レトロ・ブーム 郷愁に飢えている 増え続ける無機質な物に反発 香水タクティクスかけ引き 8㎜のフィルム画像 モノクロあり、カラーありで、何ともいえない''淋し懐かし感''が全開で、感傷にふけっていると、僕の中の真っ赤な空が、スパッっと斜めに裂けた。 何故か、目からいっぱい水が出てきた。 映像は撮っておいたほうがええぞう ハイウェイをぶっ飛ばすぜっ(おいおい)。 ミック・ロンソン マーク・ボラン ''自分はスターだからしょうがない''オーラが全身から溢れて出して 彼は宇宙人だった バカ王子 T・レクスタシー 僕は熱心な人が大好きだ。そしてふざけんなよこの野郎パワーが大好きだ。そして感謝の気持ちも大切だ。トップの三要素だ。 バス・プロ 吉井(ビスケットとクッキーの違いを主張する会)和哉です。 スヌーピー 光GENJIを彷彿させてどうする。LIVEは極めて真面目だ。スベらないぞぉ…。ピペポプピポ、ガッちゃんです。ウソ吉井っす。すっかり松田優作モードに入ってしまった私はメンバーに無理やりモノ真似を連発したが、イヤそうな顔をしていたのでちょっと反省したフリをしたが、本人はとても充実した一日を過ごしたのだ。 カツオは心の友 僕がギンギンのヤングだった頃に比べると 秋とは冬という蝶の蛹である ヨーロッパ240V ヘベレケ 淀川長治 ルマンドの紫色のパッケージときたら、ありゃランジェリーですよ。う〜んセクシィだぁ…。 恐るべし天才ブルボン マルシンハンバーグ 「義理(誠意)ってなにかね」(「北の国から」の菅原文太風に)義理チョコとは女性の美しさを破壊する危険な言葉なんだよ。 打撃後遺症 生きる旅終了 トリガラ 確かに人間ドッグじゃ人間犬だ。宣伝かよ! 原宿る トレビヤーン 優しさのフィルターを一回通っているので笑ってあきらめがつくのだ(くぅ〜格好いい自分勝手な考え方)。 昭和生まれのしょうちゃん西暦に悩むの巻(ちびまる子ちゃん風に) 綺麗でいようと悩むのが人生の楽しみ ソックス、困った、ロックン・ロール 押忍っ‼︎おらぁ今ロンドンに来てるだ。 「これからワクワクしに行くんだもんねー」的なロマンがあるのよね。 ラナイバ ウッシッシ 天文学的な下ネタタイム ワーオ‼︎ニイハオ こんがりキツイ色 「最高でも最低でも金」ヤワラちゃんごめん 記憶が蘇る金狼だ 難易度高し細川‼︎ スケルトン 成人式 しんみりしたことは言いま千昌夫 藤巻亮太 JAM ユーモアそのもの 僕らの音楽 楽園 感覚とシンクロ 垣根を越えた存在 統一性 多分多重人格 吉井和哉の駄洒落挨拶 「花びらのない花」のような文章 やはり人は感動すると創作意欲が湧くのだろう 直木賞取れるかな

  • 本人の味が出るもんだなと改めて実感。イエモンの話を読むとなんで解散したんだと悔やむばかり。

  • ロッキンオンジャパンで連載した経験があったからか、割と自由に表現している印象がある。「おセンチ日記」は、ファンの人以外が読んでも面白いと言えそうなクオリティだったけど、この「カミブログ」は、ファン向けかな。
    とはいえ、相変わらず読者に面白がってもらいたいという、吉井さんのエンタメ精神は健在です。
    それにしても、カレーについて熱く語ったり、サザエさんの声優が変わってショックだっただとか、おやじギャグ連発してたりとか、文章だけ見たら、そこら辺のおじさんみたいです。まぁ、そこが面白いんですけどね。

  • ダジャレのセンスすごい。枕の下に敷いて寝たい。

  • 昨日から旧盆入り
    「ウンケー」して、なんやかやバタバタして
    帰ってきて、次男とバトルしながら数学おしえて
    気がついたら、11時過ぎ
    これ、入札していたのすっかり忘れていた・・・
    ・・
    やだねぇ・・・
    終了時間間際に「50円」高値つけられていた(泣)

    ぼ~っとしていたら、さらわれちゃう!!

  • *まさに神。*

  • 吉井さんのエッセイ。
    面白くて、
    暖かくて、心に残る言葉の数々。
    ハッピーバースディーツーユーには
    思わず笑った。

  • ロックスターはバカ王子であれ

  • ロックスターを夢見た青年はやがてここまで成長した。CDでーた連載「今月の格言」を一冊にまとめた本。表だけではわからなかった苦悩と歓喜と哀愁がここにはあって、読みながら物思いに耽けたり泣いたり笑ったりする。年を経たから見つめられること。今までどれだけ影響を受けてきたことか。だからこの先もずっと読み続けます。

全15件中 1 - 10件を表示

吉井和哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カミブログ (角川文庫)はこんな本です

カミブログ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする