りはめより100倍恐ろしい (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.29
  • (5)
  • (10)
  • (20)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 98
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043863013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルは「いじりはいじめより100倍恐ろしい」の意味。
    いじっている人は、相手をいじって"やって"る、自分たちがいじることで回りにウケさせて”やって”ると思っているため、いじめている自覚がない。

    中学時代にいじられていた過去を持つ主人公は、高校進学を機に「デビュー」し、もういじられたくないと思いながら生活する。
    いじられないようにするには、自分以外の新たな「いじられキャラ」を置き、自分がいじる側に回るしかないと思い、対象をいじっていく負の連鎖を描く。

  • タイトルは、「いじり」は「いじめ」より100倍恐ろしい、の意味。

    「書名に任意の文字列が含まれる」という要件では検索できない書籍検索システムが存在し、例えば、booklog(が利用している検索システム)では、「りはめよ」で、この本を検索することはできない。

  • 中学時代いじられる側だった主人公が、高校ではいじる側になろうと奔走する話。社会人の今の自分が読んだら下らないことだが、高校生のときはクラスの立ち位置を巡る争いは大事だったかもしれない。

  • 【本の内容】
    中学時代「いじられ」続けた羽柴典孝は、高校入学と同時に一念発起し、バスケ部に入部する。

    そこでは「おな中」の澤村一城の協力もあって、うまいこと「いじる」側にまわることができたのだが…。

    ―巧妙、かつ陰湿に仕掛けられる、学生生活のおとし穴。

    「いじり」は「いじめ」より100倍恐ろしいものなのだ。

    各紙誌書評で話題を集めた、第1回野性時代青春文学大賞受賞作。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    ずばり、面白い。

    タイトルの意味がよくわからなかったので、あまり期待もせずになんとなく読み始めた…と思ったら、読み終わっていました。

    口語体特有のリズム感や文章の流れにさほど嫌味も感じなかったのが、「一気読み」できた最大の理由でしょう。

    ここ数年の「お笑いブーム」は、私たちの日常に「ボケ」と「ツッコミ」を浸透させました。

    飲み会や合コンなどのくだけた感じの席で、「すべった~」とか「…で、オチは?」なんて言葉、よく聞きますよね。

    人前で面白いことをすることは、もはや、マナーにまでなりつつある昨今、ひとりひとりが個性(キャラクター)を打ち出していかなければ学園生活も日常生活も楽しめない。

    「いじり」「いじられ」の力関係を正面から描いたこの作品は、旬モノであると同時にこの先もずっと読み継がれていくのではないかと思います。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • いじめ・いじりの恐ろしさ…というより、無意味さを感じさせる一冊。

    仕返しとか、憎むとか、まさに時間の浪費。

    でも他人事じゃないかもな。


    って思いました。

    古賀ちゃんみたいに自分の時間を無駄にせずに生きていきたいです。

  • サクサクと、それこそ学生時代のポンポンとやり取りされる会話そのままに、文章を目で追うことができますが、笑えない話でした。でも、うまく話したい、気のきく奴と思われたい、いじられたくない、からかわれたくない、などといった思いは誰でも少しは覚えのあることだと思います。どちらかというとそういった感情を美化したり、本当はそうありたかった(大親友がいて、打ち込めるものがあって…など)姿を描いたりしたお話が多い中、この本の主人公はどこまでも自分自身を守るべく計算し、ずるく動いています。笑えなかったし、怖かったけど、この話の方がリアルにそこら辺にあることかもしれない、と思いました。

  • 最高にコワイ小説。

    あとがきにもあったけど、バトルロワイアルよりずっとコワイ。

    最初の書き出しから最後の終わりまで一瞬たりとも気が抜けなかった。


    ホラー映画が見たくなったら
    代わりに読もう。

  • 題名が気になって読みたかった本。

    りはめより恐ろしいのかも。
    途中これはめじゃない?って思ったけど。
    高校生が書いたらしくリアル。

    後味はめっちゃ悪い。そして怖い。
    でも嫌いじゃない。

  • 相手の言動から心理を読み取ったり、自分の行動が他人にどう見られているかを考えたりするのが難なくできる(もしくは無意識にしている)高校生の話。

  • 2010.12.07 読破

全21件中 1 - 10件を表示

木堂椎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×