デッドライン〈下〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.64
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043867028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このミスベスト10、2007年版10位。日系2世が主人公の冒険小説。前半は世界初のコンピューター開発に関するプロジェクトXのような話から、スパイ容疑がかかって逃走する展開へ。後半はさらに話がでかくなって、主人公が原子爆弾を開発中の情報を日本政府に伝えるために、米国本土から樺太経由で日本へ密入国して行く冒険がメインになって行く。米軍が総力をあげて追いかけるが、ギリギリでかわしていくところが、宮本武蔵や君の名をといったすれ違いドラマを彷彿させる。派手な銃撃戦やマイノリティに保護されながら冒険を続けていくのが、他の小説でも見たことあるような感じがして少し飽きてくる。大味で雑な表現が若干気になるが、史実にもとづいた展開は結構ドキドキするし、物語の面白さではまあ及第点。

  • 「10年に一度の冒険小説」

    この帯に嘘はない。絶対にお勧め。

    日米戦争における終局。
    広島への原爆投下という史実にデッドラインを設けた壮大なスケールの小説。
    同じ、原爆投下という史実を基に描かれた小説に、福井晴敏「終戦のローレライ」がある。
    どちらも、結果が分かっている史実を扱い、作者の創造力にリアリティが併せ持たれエンターテイメントとして昇華されている。

    本デッドラインも史実に翻弄される日系二世ミノルがすごく魅力的に描かれている。
    併せて初期型コンピュータ「エニアック」原爆開発現場「ロスアラモス」など、史実を忠実に織り交ぜながら、リアリティを増している。

    そのうえ、戦時下の北米縦断からアリューシャン列島を横断して樺太に至り、本土に到達するという、逃避行が一流のエンターテイメントに仕上がっている。


    読んで損はない。

  • スパイとみなされ、殺害を前提に追いかけられる2人。
    日本に辿りつけるのか。
    原爆の阻止はできるのか。
    双方の目的は果たす事ができるのか。

    どうにかすべてを潜り抜け、ようやく目的を果たそうとする2人。
    戦中、というのは、やはり目が行き届いてないせいで
    こういう事が多いんだな~というのは分かるんですが
    きれいさっぱり(?)お金で解決してます。
    それっぽい、とは思うのですが、やはりあの頃の一番の武器は
    食べ物じゃなかったのでしょうか?
    でもまぁ…持ち歩きもできませんし、食べ物は。

    しかし最後の方は、偶然というか終わらせましたというか…。
    会えてよかった、とは思うのですが、ものすごい確立です。

全3件中 1 - 3件を表示

デッドライン〈下〉 (角川文庫)のその他の作品

建倉圭介の作品

ツイートする