ご主人様と呼ばせてください (角川文庫)

  • 角川グループパブリッシング
3.44
  • (15)
  • (22)
  • (50)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 235
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043868025

作品紹介・あらすじ

妻が若い男と浮気していることを知った私は、浮気相手を脅して、妻との関係を続けさせた。遠隔操作をしながら思い通りにふたりを調教していくのだ。『私の奴隷になりなさい』に続くSM青春小説第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 18禁

    淡々とした『私』に畏怖の念を感じる。
    特に不倫相手に成りすますシーンは「そこまで書くのか!」と驚き

    しかし、エンディングが謎。
    「まじかー!」で終わるかと思いきや、「あ、うん……、え?終わり?」

    誰かと語らいたいが、官能小説を薦められる知り合いはいないのでモヤモヤしたまま風化しそうである。


    シリーズ化しているようですが、今のところ読む気はない

    タイトルが素敵

  • 「私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください」
    公開日:2018年9月28日
    官能映画「私の奴隷になりなさい」の続編となるシリーズ第2作。目黒は婚約者がいるにも関わらず、人妻・明乃との関係にのめり込む。ある日、明乃の夫の瀬尾が現れて、不倫をばらされたくなければ明乃との関係を続けて調教するよう、目黒は脅されたのだった。
    キャスト:毎熊克哉、行平あい佳、百合沙、三浦誠己
    監督:城定秀夫
    http://www.watadore.jp/
    Youtube https://youtu.be/v6e4Tjs12tc

  •  リンクもの「ご主人様」シリーズの第二シリーズ。

     妻が官能的に変貌していくことは面白いプロットだが、夫の目から見た変貌を、その態度・言葉・性生活に関して、もう少し描写した方が、もっと生々しくなったような気がしなくはない。

  • 【本の内容】
    新婚8か月の「私」は、妻が20代のウェブデザイナーと浮気していることを知り、ある計画を思いついた。

    仕事を依頼する振りをして浮気相手に接触。

    妻とは今の関係を続け、すべての行為を写した画像を指定したサイトにアップするように命じる。

    こうした「私」は支配下に置いた浮気相手を通して、自分の妻を調教していく―。

    支配と隷属という男女関係の果てを描いたSM青春小説の第2弾。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    自分の妻が若い男と浮気していることを知った「私」は、浮気相手を脅して、妻との関係を続けさせた。

    遠隔操作をしながら思い通りにふたりを調教していくのだ――。

    『私の奴隷になりなさい』に続くSM青春小説第2弾。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 前作よりよかった。

    この覆面作家はただものではないですよ。
    一体、誰なんですかねえ?
    もはや凡庸の官能小説とは比較できない高みに到達しちゃってますよ。

    自分の王国で、奴隷を傅かせるなんて、もしかしたらノーマル人間だって夢想したことあるんじゃないのかな??

    あとがきを書いた大沢祐香ちゃんの
    「つまり、SMの本質というのは、どれだけ激しく痛めつけてハードなことをするかということではなくて、その相手との関係性が大事なんです。たとえば、相手からの電話を待っていて、電話が鳴って呼び出されたらすぐに行かなくちゃいけないとか、そうしたふたりの主従関係こそが、まさにSMだと思うんです。」
    本当に本質を見極めているなって、感心しました。

    SMって決して、様式美ではないと深く思うのです。

  • 壇蜜さんが主演した映画でも知られる『私の奴隷になりなさい』。本作『ご主人様と呼ばせてください』は、シリーズ第二弾です。第一弾『私の奴隷になりなさい』と、話がリンクしている部分があるので、前作を読んでから、この作品を読むことをお奨めします。妻の不倫を知った夫が、妻と不倫相手に下す、奇想天外な処置。その処置にかなりインパクトを感じました。話は如何にも官能小説らしい記述がたくさんあります。しかし、それが下品に感じないのは、著者の文章が上質なためです。

  • 支配者と従属者。ただ、一組の男女に置き換えるのではないところに、この物語の面白さがある。
    また、本作の実質支配者が、前作「私の奴隷になりなさい」で廃人同様に堕ちていった青年であるのも物語に深みを与えている。

  • そりゃ、一作目よりもインパクトは落ちますが。
    楽しめますよ。
    ご主人様の気持ちで楽しみましょう。

  • 世のエロ小説と同じ構造を持ちながら、そこに純文学としての「テーマ」を悪びれずに入れ込んだ、確信犯の面白いエンターテイメント小説だった。
    2012年10月16日読了

  • 2012/04/26
    移動中

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2005年4月に『スモールワールド』を、同年6月に『リモート』を発表。後にそれぞれ『私の奴隷になりなさい』『ご主人様と呼ばせてください』と改題のうえ文庫化された。他の作品に『おまえ次第』『はやくいって』『恋するおもちゃ』『彼女はいいなり』がある。

「2012年 『かわいい躾』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ご主人様と呼ばせてください (角川文庫)のその他の作品

サタミシュウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ご主人様と呼ばせてください (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする