恋するおもちゃ (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年5月25日発売)
3.41
  • (3)
  • (13)
  • (17)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :142
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043868056

恋するおもちゃ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  主人公の童貞期?とご主人さま期?などを交互に挿入させながら描くので、急な場面展開についていくのが難しかった。自称や姓と名を変えたり、あるいは視点が男の側と女の側とで分別されているので、注意深く読めばわかるのだろうが…。
     まあ、じっくり腰を据えて、長々読む作品とは思っていない所為もあるけれど…。

  •  ちょっと分類のこまる小説、特殊な性趣向を持つ者同士が出会ったら・・・これほど幸せはないのである(笑 周囲に迷惑がかからなければそっとして置いた方が良いかもね、小説的にはすこぶる面白い。

  • (2013.3)

  • 印象としては、これまでよりは若干ソフトな感じ。
    エピソードは交錯してゆくので、そのあたりも楽しめる。

    重木公シ青とのうわさは、本当か?
    女性読者も多いと聞くが、本当だろうか?

  • 2012/05/06
    自宅

  • サタミシュウの新作。かなりエッチで好きだ。

  • 今回すごく凝ってる。シリーズのこれまでとは違って、ただの官能小説じゃない。官能的な部分は読んでてすごく楽しいし、そのぶん切なさがじわじわくる。ロリコンは永遠なり。

  • 今までの調子で読むと、ちょっと違う感じだ。
    でも、「さすが」と思わせる部分が随所にあり、おもしろい。

  • SMの話です。
    性描写より人間関係や心理描写に重きを置いてるので読み物として楽しめます。
    シリーズ5作目ですがなかなか1作目を越えることができないのが残念です。

  • 普通におもしろい。
    しかし、サタミシュウだからこそ期待してしまうものがある。残念ながらその期待を上回ることはなかった。

    とにかく巧い。やたら巧さだけが際立っている。つまり本質的なところで勝負していないんじゃないのか?
    ミステリ仕立ての官能小説といった趣きか。
    この覆面作家はやはりS松氏ではないのか?と勘ぐってしまう。

    3作目までの作品を読み終えていることが前提になっている。(例えばジャンルの話し)しかし読み終えているファンには物足りなかった……
    感動できる官能小説が読みたいのだ。

全12件中 1 - 10件を表示

恋するおもちゃ (角川文庫)のその他の作品

サタミシュウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

恋するおもちゃ (角川文庫)はこんな本です

恋するおもちゃ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする