ヴァージン・ロード 上 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.60
  • (4)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043870028

作品紹介・あらすじ

叶典子は29歳。仕事は平凡な英文タイピスト。そんな典子に舞い込んだ見合いの話、差出人不明のラブレター、典子の周りは急にあわただしくなって――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ストーリーや主人公のキャラクターは良いし読みやすいのだが、ツッコミすぎて疲れるくらい時代の違いを感じた。80年台初頭の初版だから致し方ないが、40年でこんなに世の中変わったんだなと実感する。アパートの管理人が住人にお見合い話を持ってくるとか、上司がお見合いの予定を知ってるとか、会社に私用電話がかかってきて筒抜けとか、きょうだいの上から順に結婚しないと許さない親とか、あけすけに夫婦関係について職場の人に話す女性とか、さすがに今の価値観と違いすぎて読み進めるのが若干苦痛だった。そもそも主人公の職業がタイピストって。
    同じくらい古い作品を読んでも全く気にならないことも多いのだが、本作は結婚、仕事、生き方といったことがテーマになっているせいかもしれない。

  • キュンキュン

  • 叶典子は29歳。英文タイピストとして働く、ごく普通の会社員。ある日、結婚パーティから疲れて帰ってくると、一人暮らしをするアパートの隣人が、お見合いの話をもって待ち構えていた。説得に根負けして、典子はさして気乗りのしないままお見合いをすることに。さらに「貴女を見ている」という差出人不明の手紙、弟の結婚の相談、典子の周りはたちまち騒がしい結婚モードに――。ウェディング・エンタテインメント開幕!
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 帰郷時に駅のホームで買いました。
    ストーリー性があり、帰ってきてすぐに下巻を探しました。
    グイ読みです☆

  • ■09115.
    <読破期間>
    H21/9/1~H21/9/2

    <本の内容>
    ヴァージン・ロードは結婚への道。叶典子は29歳。仕事は平凡な英文タイピスト。
    そんな典子に舞い込んだ見合いの話、差出人不明のラブレター、典子の周りは急にあわただしくなって—— 。

  • 090410

  • 2008/08/26

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2021年 『天使に賭けた命 天使と悪魔 10』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×