舞い下りた花嫁 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.82
  • (7)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043870172

作品紹介・あらすじ

社長が行方不明になったタレント事務所でアルバイト中の亜由美。事務所が借金を抱えていて、新人タレントがその「担保」にさせられると聞き、抗議したら、なぜか新社長にさせられて!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 花嫁は特殊任務
    舞い下りた花嫁

    の2作品。どちらも亜由美が活躍する。

    花嫁は特殊任務は、海外を舞台に、王女の代理を努める。
    舞い下りた花嫁は、芸能界の女社長の代理を努める。

    「代理の」花嫁
    という標題でもいいかもしれない。

    関係者の中には亡くなる方もみえて、物悲しいが、
    主要な関係者が無事でやや安心。

  • 亜由美がアルバイト中の芸能事務所は、女社長が行方不明になって大ピンチ。事務所が抱える1億の借金を今日中に返せなければ、「担保」の人新タレントが奪われてしまう。亜由美は理不尽な要求に抗議するが、なぜか新社長にさせられ、「1か月でスターを出せば借金を帳消しにする」という無理難題を突きつけられる―。芸能界の甘い罠が亜由美を襲う。そして社長の行方は?花嫁シリーズ第20弾。「花嫁は特殊任務」併録。
     .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 花嫁シリーズ、大好きです♪
    気軽に読める1冊。
    年1冊のペースなので「また来年」ですねー

  • 花嫁シリーズです♪
    特殊任務のほうはもうぶっ飛んでますね!設定が特殊なのでいつも以上に「フィクション」として楽しめました。しかし政治が関係してくるとややこしい…
    舞い降りた〜の方は亜由美の責任感が強いところ(無鉄砲なだけ?)が出ていて、活躍していましたね。
    しかし亜由美が相変わらず寂しい感じね…もうすこし幸せにして上げても?笑

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2021年 『天使に賭けた命 天使と悪魔 10』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×