愛情物語 赤川次郎ベストセレクション(14) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043870196

作品紹介・あらすじ

赤ん坊のときに捨てられ、今はバレリーナとして将来を期待されている美帆、16歳。彼女には誕生日になると花束が届けられる。「この花の贈り主が、本当の親なのかもしれない」 、美帆の親探しがはじまるが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読ですが、ふと読みたくなって図書館にて借りました。
    安定の赤川先生。
    原田知世さん主演で、映画化作品です。
    実はそちらは観たことないです(笑)

    現代版・足長おじさんを探せ!ですね。
    父親も知らなければ、本当の母親も違う。
    しかし出会ってしまった少女の母親は、立派に少女を高校生まで育て上げる。
    そして、少女は旅立つ。父親を探しに。

    赤川作品は読み終えると、ふと周りを見回したくなります。
    電車の中でもそう、もしかしたらこの主人公はあの人なのかもしれない。そんな気持ちになります。

    小説みたいに、こんなに上手く行くわけない。

    そんな風にやさぐれたい時もあるけど、それでも「大丈夫だよ、ひとりじゃないから」と包み込んでくれるような、そんな暖かさがある作品です。

    赤川作品の少女はこんな娘がいたらいいなあ、といつも思います。

  • バレリーナの育ての母と,本当の両親と,関係者の話。

    赤川次郎らしい幸せな終わりを迎える。

    バレリーナの生き方を支える人の温かさ。

    仕事をしないいいかげんな男が,
    悪いたくらみを持つ警察官を抑える。

    赤川次郎が何を言いたいかが分かる本。

    こういう本ばかりだと,発想が貧困になるので,
    恐怖小説や,悪人の小説も書くのかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

「2021年 『天使に賭けた命 天使と悪魔 10』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部みゆき
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×