裏方―プロ野球職人伝説 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.44
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043879014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっぱり野球が好き

  • 野球には一切興味がなく全然野球をやったことがありませんが、なぜかこの本を借りていました。この本を読んでみて、表紙にも書いてあるように裏方の大切さ、野球をやってみたいという気持ちになりました。

  • (2008-03-25)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

木村公一(きむら・こういち)
1946年、大阪府に生まれる。1975年、早稲田大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程修了。1994-6年、2006-7年、ロンドン大学・ノッティンガム大学交換研究員。早稲田大学名誉教授。国際日本学会(IAJS)名誉会長。
主な著書・訳書に、『ケンブリッジ版評伝―若き日のD・H・ロレンス』(編訳、彩流社、1998)、『D・H・ロレンス事典』(共編訳、鷹書房弓プレス、2002)、『D・H・ロレンス短編全集(第五巻)』(共訳、大阪教育図書出版、2006)、『ヘンリー・ミラー全集(第九巻)―迷宮の作家たち』(編訳、水声社、2006)、『ヘンリー・ミラーを読む』(共著、水声社、2007)、『ロレンス 愛と苦悩の手紙―ケンブリッジ版D・H・ロレンス書簡集』(共編訳、鷹書房弓プレス、2011)、『ポストコロニアル事典』(編著、南雲堂、改訂版、2014)、クヌド・メリル『一人の詩人と二人の画家―D・H・ロレンスとニューメキシコ』(共訳、春風社、2016)など。

「2019年 『D・H・ロレンスと雌牛スーザン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村公一の作品

ツイートする
×